【ニューヨーク新規グルメ】トップシェフ、アンドリュー・カルメリーニによる新レストラン「リトル・パーク」

ニューヨーク屈指の人気シェフ、アンドリュー・カルメリーニが2014年11月にトライベッカのブティックホテル内にオープンさせた新レストラン「リトル・パーク」。数々の人気レストランを手がけたシェフによる、新レストランの魅力とは?

リトル・パーク Little Park


photo by tmagazine.blogs.nytimes.com

トライベッカと言えば、近年セレブリティがこぞって移り住み、カフェやレストランの新規出店が相次ぐ、マンハッタンの中でもオシャレなエリアとして再開発が進んでいる地域だ。このエリアにあるトンプソンホテル系列のブティック・ホテル、「ザ・スミス・トライベッカ」の中に、新レストラン「リトル・パーク」がオープンした。

 

photo by style.com

「リトル・パーク」のエクスクルーシブシェフを務めるのは、「ロカンダ・ヴェルデ」などの有名店を手がける人気シェフ、アンドリュー・カルメリーニ。カジュアル・イタリアンや、伝統的かつ独創的なフレンチでニューヨーカーの舌をうならせてきたシェフがこのレストランのメニューに選んだのは、オーガニックな食材にこだわった、シンプルでヘルシーな料理の数々だ。

 

photo by timeout.com

ブラック・ケールのラヴィオリやビートルート・リゾットなど、イタリアンをベースにしつつ、季節ごとの素材を全てのメニューでふんだんに使うというのが、このレストランにおけるカルメリーニのポリシー。ディナーメニューが高くても25ドルという、ニューヨークのトップシェフが手がけるレストランの中ではリーズナブルな価格で設定されているのもポイントが高い。

 

photo by gothamist.com

気鋭のインテリアデザイナーが手がけたレストランの内装はベージュを基調に、ポップなカラーリングのモダンアートが壁にアクセントを加えるというデザイン。ゆったりとした作りの全85席の空間は、それぞれのテーブルをランタンの光で彩られている。カルメリーニらのレストランチームは、ホテル内にムードのあるイブニング・バーもオープンさせており、そちらも注目だ。

 

photo by nycfoodie.com

2014年11月にオープンし、オープニングチャリティーイベントにはリブ・タイラーやスティング、マリオ・バターリ、ヘレナ・クリステンセンといった著名人の名前がリストに上がったことからも、このレストランの注目度は伺えることだろう。「チェンバーズ・ストリートとウェスト・ブロードウェイの間にある小さな公園」とカルメリーニが称するこのレストランには、ニューヨーカーに愛される要素が詰まっている。

 

リトル・パークの公式サイトをチェック!

 


 
この記事についたキーワード