数多のゲストを魅了し続けるシンガポール屈指の高級ホテル「ラッフルズ・ホテル・シンガポール」

シンガポールの代表的老舗ホテルの「ラッフルズ・ホテル・シンガポール」は、シンガポールの都心部の中心に位置する5つ星ホテル。1887年にオープンしてから125年以上の歴史を誇るシンガポールで最も古いホテルです。 客室数は103室で、全室がスイートルームタイプの客室となっており、白亜のコロニアル様式のホテルの建物はシンガポール政府の記念建造物の認定を受けています。

ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singapore

ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeの外観
photo by hotels.his-vacation.com

シンガポールの都心部の中心に位置する、多様な文明と文化が交錯するシンガポールの代表的なホテルと言えば、ここ「ラッフルズ・ホテル・シンガポール」。そのたたずまいは、華麗でロマンチックな姿そのものです。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeのロビー
photo by hotels.his-vacation.com

ホテルロビーには、伝統と優雅さのなかに随所に刻まれた歴史感あふれる美しさがあります。他のホテルにはない独特の空気感が、ロビー内にはただよっています。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeの客室
photo by hotels.his-vacation.com

宿泊棟は完全プライベート空間で、宿泊客以外は入ることができません。全室スイート、専属のバトラーが各部屋についています。コートヤードに面したお部屋、コート・ヤード・スイートの広さは58㎡、天井が高いので部屋全体を広く感じとることができます。シーリングファンからのそよ風がとても心地よく、ゆっくりとおくつろぎいただけます。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeの客室
photo by hotels.his-vacation.com

本館パーム・コートに面したお部屋の、パーム・コート・スイートの広さは70㎡。アンティークな雰囲気の部屋で、ゆったりとした静寂の時をお過ごしください。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeのティーセット
photo by ameblo.jp

午後に、ゆったりとしたひとときをお過ごしになられたい時は、「ラッフルズ・ホテル・シンガポール」で人気のハイ・ティーを楽しまれては、いかがでしょうか?

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeのロング・バー
photo by travel.rakuten.co.jp

「ロング・バー」は、シンガポールスリング発祥の地として、「ラッフルズ・ホテル・シンガポール」のホテル内の有名なバーです。
このバーのユニークな特徴は、おつまみのピーナツの殻を床に捨ててかまわないということ。シンガポールスリングを飲みながら、サマセット・モームの世界へ旅をされてはいかがでしょうか?

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのロング・バー・ステーキハウス
photo by sethlui.com

シックな内装が落ち着く「ロング・バー・ステーキハウス」は料理の美味しさはもちろん、「一流のサービスでおもてなしするレストラン」としても有名。特別なディナーの日にこそ訪れたいレストランです。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのロング・バー・ステーキハウスメニュー
photo by hungrygowhere.com

名前の通りステーキがメインの「ロング・バー・ステーキハウス」ですが、前菜のバラエティーも豊富なので、ゆっくりワインを楽しんでからメインをいただくのもいいでしょう。メインのステーキは、ボリュームたっぷりのアメリカンなスタイルを想像してしまいますが、違った種類のお肉を少しずついただくといった珍しいスタイルが人気。USビーフ、オージービーフ、和牛と違った味と食感を楽しめるのが嬉しいです。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのレストラン・コートヤード
photo by travelandbeyond.org

滞在中、カジュアルな食事をとりたくなったら、ここ「ラッフルズ・コートヤード」をご利用ください。カジュアルなアウトドアダイニングになっており、ラッフルズホテルの美しい建物を眺めながら、緑豊かな中庭でお食事が楽しめます。イタリアの家庭料理をメインとした料理で、各地のパスタや焼き立ての窯焼きピザ、また新鮮なガーデンサラダも人気のメニューのひとつです。夕暮れ時になると美しいサンセットを眺めながら、生演奏と美味しいお食事でゆっくろとおくつろぎ下さい。

 

photo by hk-magazine.com/

ウィスキーをメインに扱っている「バー・ビリヤードルーム」では、常時400種類以上ものシングルモルツを扱っている、ホテルレストランの中でも珍しいスタイル。ウィスキーに合わせたお料理もまた絶品です。もちろんウィスキー以外にもホテルオリジナルカクテルやワインも豊富。金曜日と土曜日にはお食事と一緒にジャズの生演奏も楽しめます。また、日曜日のカービングシャンパンブランチは大変人気があり、ホテルオリジナルシャンパンを始め、各種ブランドシャンパンと美味しい生ハムやシーフード等、シャンパンに合わせたオードブルやメインをご堪能いただけます。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのティフィン・ルーム
photo by hungrygowhere.com

朝食から夕食まで、全ての食事がビュッフェスタイルの「ティフィン・ルーム」ですが、予約マストの時間帯は、ランチよりディナーより、「ハイティー」。ここのハイティーはシンガポールの中でもトップレベルの人気で、欧米からのお客様も多く、確実に入りたい方は事前の予約をお薦めします。ハイティーも他の食事と同じくビュッフェスタイルになっており、ホテルパティシエ自慢のケーキやスイーツはもちろん、サンドイッチやシンガポールならではの飲茶もお楽しみいただけます。また、ハイティー以外のビュッフェではカレーがメインで、種類豊富のカレーがズラリと並び、現地の方達にも大変人気のビュッフェです。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのアー・テンズ・ベーカリー
photo by ewtc.com

落ち着いた雰囲気のカフェ「アー・テンズ・ベーカリー」の店内では、いつも焼き立てのペストリーの美味しい香りがお客様をお迎えします。お出かけ前に、挽きたてのコーヒーで一息つかれて行きませんか?

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのスパ
photo by mwt.co.jp

ハイレベルな施術と、熟練したスタッフによるきめ細やかなサービスが自慢の「ラッフルズ・アムリタ・スパ 」では、贅沢な雰囲気の中、究極のトリートメントをご堪能いただけます。こちらのスパでは、アジア・中東・ヨーロッパ各国から取り入れた伝統手法によるアンチエイジングケア(若々しさを取り戻す)をメインに、様々なトリートメントが受けられます。また施術後はサウナやスチームシャワーでリフレッシュいただき、ラウンジエリアでゆっくりとおくつろぎいただける施設をご用意しております。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール周辺ラッフルシティ
photo by wikimedia.org

ラッフルズホテルは立地条件も良く、徒歩3分程でMRTの駅にアクセス出来る他、何と言っても巨大ショッピングモールが、大通りの反対側にあるということ。地下2階まら地上3階までの5階建てになっており、沢山のショップやレストランが各階にあるにも関わらず、狭苦しさを感じさせないのは吹き抜けになっているから。外の光を十分に取り入れることによって、店内がより広く大きく見えるようになっています。モール内にあるショップは有名ブランドだけでなく、カジュアルなローカルショップも沢山。自分へのご褒美や、手頃で可愛いお土産など、ここのモールで完結できるのが嬉しいですね。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポールのスイミングプール
photo by alwayspackheels.com

都会の真ん中にあるここラッフルズホテルのプールは、ラグジュアリーでゆったりとした時間が流れています。広すぎないプールは、暖かい日差しが差し込む昼間にひと泳ぎするのに調度良く、夜になるとプールサイドから美しい星空を望め、贅沢な時間を過ごせます。そして、プールから上がると、スッとタイミングよくタオルを渡してくれるスタッフのサービスにも感動します。

 
ラッフルズ・ホテル・シンガポール Raffles Hotel Singaporeの廊下
photo by blogs.yahoo.co.jp

「ラッフルズ・ホテル・シンガポール」には、厳選されたショップとレストラン&バーが揃っており、華麗な建物や庭を散策しながら、ショッピングやグルメを楽しむことが可能です。
ゆったりとした時を感じさせる廊下、南国の木々がそよ風に揺れる中庭、ホテルスタッフの心暖かなサービスなど、どれをとっても歴史と風格に恥じない最高級ホテルです。

 

ラッフルズ・ホテル・シンガポールの予約・詳細情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード