【ニューヨーク新規グルメ】「ザ・バックルーム・アット・ワン57」でアメリカン・グリルを堪能する

2014年、パークハイアットがマンハッタンのミッドタウンに新ホテルをオープンした。このホテルの3Fに併せてオープンしたアメリカン・グリル・レストラン、「ザ・バックルーム・アット・ワン57(The Back Room at One57)」のオススメポイントを紹介します。

ザ・バックルーム・アット・ワン57 The Back Room at One57

ザ・バックルーム・アット・ワン57 The Back Room at One57が入っているパークハイアット・ニューヨークの外観
photo by money.cnn.com

マンハッタンでもひと際華やかな5番街57丁目から、西に2ブロック進むと見えてくるのが、カーネギーホールだ。世界中の音楽ファンが訪れるこのホールと通りを挟んで向かいに、「パークハイアット・ニューヨーク」がある。2014年にオープンしたばかりの、言わずと知れたデラックスホテルだ。

 
ザ・バックルーム・アット・ワン57 The Back Room at One57の内観
photo by cityneversleeps.com

パークハイアットの新たなフラッグシップとも言うべき、このホテルの3Fにオープンしたレストラン・「ザ・バックルーム・アット・ワン57(The Back Room at One57)」は、トラディショナルなアメリカン・グリル・レストランだ。ダークブラウンのインテリアで統一された店内は、上品で落ち着いており、ゆったりと食事をするのにぴったりだ。

 
ザ・バックルーム・アット・ワン57 The Back Room at One57の料理
photo by Daniel Krieger

シーザー・サラダやタルタル・ステーキ、ロースト・チキンにリブアイ・ステーキといった、「いわゆる」アメリカ料理の他、月代わりの特別メニューは、レストラン内のオープンカウンターで盛りつけられ、テーブルにサーブされる。ベジタリアンメニューも用意されているのが何ともニューヨークらしい。

 
ザ・バックルーム・アット・ワン57 The Back Room at One57の料理
photo by nydailynews.com

メニューの中でもトライしてみたいのが、「オン・ザ・ボーン」というコーナー。48日以上じっくり熟成されたリブアイやサーロイン、フィレ肉、ラムチョップは、そのジューシーさを充分に味わえるミディアム・レアでいただくのがオススメ。ウェイターのサービスもフレンドリーかつ行き届いており、さすがパークハイアットという気持ちにさせられる。

 
ザ・バックルーム・アット・ワン57 The Back Room at One57のロゴ
photo by adriramdeane.com

アメリカン・グリル系のレストランと言えば、ニューヨークでいくつもある。その中で、ザ・バックルーム・アット・ワン57はどちらかと言うと高めの価格設定の部類に入るかもしれない。安い店はダウンタウンに行けば見つかるかもしれないが、ここミッドタウンで、ジューシーなステーキを食べられる店として、是非覚えておきたいレストランだ。

 

ザ・バックルーム・アット・ワン57の公式サイトをチェック!

 


 
この記事についたキーワード