最上級のホスピタリティを提供するロンドンの「ワン・オルドウィッチ」

イギリス、ロンドン中心部のコベントガーデンに近いオルドウィッチ通りに建つ「ワン・オルドウィッチ」。ホテルの周辺は、スタイリッシュなレストラン、劇場、博物館、ショッピング街、ロンドン各所へも移動しやすいエリアです。全面改装した伝統と現代的センスをバランスよく調和させた豪華なホテルをご紹介致します。

ワン・オルドウィッチ One Aldwych

[youtube]?
ワン・オルドウィッチ One Aldwychの外観
photo by onealdwych.com

イギリス、ロンドン中心部のコベントガーデンに近いオルドウィッチ通りに位置する、シンボリックでクラシカルな外観デザインが美しい「ワン・オルドウィッチ」は、ホテル内も洗練されたデザインのインテリアが印象的なホテルです。

 
ホテルロビー
photo by tripadvisor.jp

イングリッシュ・ヘリテッジに登録された1907年創築のエドワード朝様式の建物は、英国の伝統とモダンなデザインが融合された素晴らしいホテルです。自然色の白を基調とした広々としたロビーで、豪華な花瓶に入った生花や独創的なオブジェと共に丁寧かつフレンドリーなホテルスタッフがお客様を出迎えてくれます。
ホテル内には400点のオリジナルの絵画と彫刻が展示されているので、まるで美術館にいるような気分になります。

 

ワン・オルドウィッチのEXECUTIVE-ROOM
photo by onealdwych.com

24〜27平方メートルの広さを誇ります「エグゼクティブ・ルーム」は、美しい真っ白なキングサイズベッドやツインベッドがございます。
モダンでシンプルなスタイルの中に最先端の設備が備わっておりますので安心して快適な滞在を過ごすことができそうです。
オーダーメイドの家具で揃えられております寝室は上質なファブリックのリネンを使用致しておりますので、清潔感が保たれていて心地良い雰囲気が漂います。

 
ワン・オルドウィッチのスタジオスイート
photo by onealdwych.com

コンテンポラリーとモダンなスタイルが融合しております「スタジオ・スイート」は、品格のあるパープルとブラックの上品な色合いのインテリアで統一されています。
エレガントなカーテンを開けますと、床から天井までの大きさがございます窓から、ロンドンの街並みを見下ろすことができ、自然の光がたっぷりと注ぎ込みますので、温もりのある空間が広がっております。

 
デラックススイート
photo by jp.hotels.com

「デラックス・スイート」は、屋上テラス、広々としたリビングルーム、プライベートジム、キッチン、ゲストクロークがございます。ご宿泊のお客様はヘルスクラブやラウンジでの靴磨きサービスもご利用できます。開放感溢れる屋上テラスで、日差しを浴びながらのんびりと読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
客室リビングルーム
photo by jp.lhw.com

「デラックス・スイート」の客室には、ネスプレッソマシン、無料のWi-Fi、薄型ハイビジョンテレビ、iPod用ドッキングステーションを備えています。
スタッフがお部屋の清掃を終えた後に、テーブルにフルーツを添えてくれたり、お子様にはメッセージカードと共にテディベアをプレゼントしてくれたりと隅ずみまで配慮とサービスが行き届いているのが嬉しいです。その他にもドライヤーやバスローブ等のアメニティが充実しているので快適に過ごせそうです。

 
ワン・オルドウィッチ One Aldwychのロビー・バー
photo by jp.hotels.com

サンデーテレグラフ紙に世界5大バーとして紹介された2層建のロビー・バーでは、室内に飾られているオリジナルの現代彫刻や素晴らしいフラワーアレンジメントを眺めながらお酒を楽しみ頂けます。

 
アフタヌンティー
photo by onealdwych.com

お勧めの折り紙付きのジン&トニックマティーニのカクテルとアフタヌーン・ティーを、繊細で可愛らしいスイーツとご一緒にお召し上がりください。

 
ワン・オルドウィッチ One Aldwychのレストラン
photo by jp.hotels.com

ゴージャスなインテリア、モダン・ブリティッシュのメニューを召しあがることが出来るレストラン、メイン・ダイニングの「アクシス」。
最高級の旬の食材を取り入れてメニューを考案したエグゼクティブシェフ、ドミニク・ティーグの代表的な料理には、シーバスのソテー、マーシュ・サンファイア(野草)添えや、コーニッシュ・ラムのロース肉、ガーリックライス添えなどがございますので、この機会にぜひお試し下さい。

 
ワン・オルドウィッチ One Aldwychのレストラン
photo by jp.hotels.com

「ワン・オルドウィッチ」のセカンド・ダイニングのヨーロピアンメニューの「インディゴ」は、ロビー・バーを見下ろすカジュアル・レストランです。朝食、ランチ、ディナーとオール・デイ・ダイニングのスタイルを取っています。リラックスした雰囲気の中でモダンなヨーロッパ料理をご堪能下さい。

 
ラウンジATONE
photo by jp.hotels.com

カクテル、ワイン、ホットドリンクとご一緒に終日メニューをご提供しております「ラウンジ・アット・ワン」では、居心地の良いソファとアームチェアにゆったりと腰をかけながら、国際版の雑誌や毎日の新聞、アートやデザインなどの様々な本を読むことができます。

 
ワン・オルドウィッチ One Aldwychのプール
photo by jp.hotels.com

18メートルで56フィートのラッププールは、とてもユニークなシステム機能があり、水中に音楽が流れるロンドンで最もおしゃれなプールです。プールの周りにはソフトムード照明がセッティングされており、ライトアップされた際にはロマンチックなムード満点の気分を楽しめそうです。
また化学薬品を使用していない無塩素、鉱物系洗浄システムですので、体にも優しいのが魅力的です。

 
ジムルーム
photo by jp.hotels.com

フィットネス施設はプールだけではなく、ジム、スパ、スチームサウナなどとても充実しています。
トレッドミル、ローイングマシン、バイク、クロストレーナー、体脂肪分析機器が備わった150平方メートルございます最新のテクノジム設備では、トレーニングのモチベーションを上げてくれそうな資格を持ったパーソナルトレーナーからアドバイスを受けることが可能です。またジムは24時間開放されていますので非常に便利です。

 
トリートメントルーム
photo by jp.hotels.com

3つのトリートメントルームでは、スペインのスキンケアブランド「ナチュラ・ビセ」を使用したマッサージ、フェイシャル、ボディスクラブなどのトリートメントをご提供致しております。バスアメニティ付の広い更衣室とリラクゼーションスペースで快適に過ごせそうです。

 
会議室
photo by tripadvisor.jp

ホテル内には、ビジネスミーティングのための会議室、結婚式や披露宴などに使用可能な宴会場、贅沢なプライベートダイニングルームが完備されております。
お部屋には、最先端の技術が備わった最新のオーディオ・ビジュアル機器や天井に取り付けられたスクリーン画面で、スムーズに会議のプレゼンテーションを行うことができます。

 
映写室
photo by tripadvisor.jp

HDデジタル技術とクオリティーの高い音響サウンドシステムが備わっています30席のスクリーニングルーム(映写室)では、劇場スタイルの会議、プレゼンテーション、プライベート映画鑑賞として使うことができます。
贅沢なイタリアの革張りのアームチェアに座ってシャンパングラスと共に豪華な夜をお過ごし下さい。

 
ロンドンアイ
photo by grammyslifesofar.org

個性的なお店が立ち並ぶコヴェント・ガーデンに位置するワン・オルドウィッチは、劇場、博物館、ショッピングストリートに近く、テムズ河まで歩いて行くことができます。地下鉄のテンプル駅とコヴェント・ガーデン駅の2つが徒歩10分内にございますので、交通のアクセスも非常に便利です。
ロイヤルオペラハウスまでは徒歩5分で、サマーセットハウスはホテルのすぐ側にございます。夜はテムズ河から観光名所のロンドンアイ(観覧車)やビッグベンの夜景をぜひご覧になって下さい。

 
ワン・オルドウィッチ One Aldwych
photo by londonhotelsinsight.com

全面改装した伝統と現代的センスをバランスよく調和させた豪華なホテル「ワン・オルドウィッチ」。
ロンドンの金融エリアに近く、シアターエリアの中心に位置しているという好立地は、ビジネスにも観光にも最適なホテルでしょう。ロンドンの活気あふれるウエストエンドにありながら、ホテル内では静かでゆったりとした過ごし方のできる高級ホテルです。

 

ワン・オルドウィッチの宿泊予約・口コミ情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード