死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景:ワカチナのオアシス

死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景:ワカチナのオアシス

ペルーの小さな小村の砂漠の中に突如現れる不思議なオアシス「ワカチナ」。"アメリカのオアシス"とも呼ばれる人魚伝説残る砂漠の秘境をご紹介します。

ワカチナのオアシス

夕暮れ時のワカチナの村の風景
photo by skyscanner.net

ワカチナ(Huacachina)は、ペルー南西部イカ県にある人口115人あまりの小村で、車ですぐの場所にある砂漠の真ん中に位置することからイカ近郊のリゾート地として知られている。

 
ワカチナの村にある小さな湖
photo by bladduzzo

ワカチナは砂漠内の小さな湖の周囲にあり、「アメリカのオアシス」と呼ばれており、伝説では、土地の美しい姫がハンターに入浴を覗かれているのに気付き、入浴していた水たまりを湖に変えて消えたのが、湖の始まりとされています。

 
夕暮れ時のワカチナの村の風景
photo by ©hapulcu

砂漠の中のオアシス。とても不思議な風景です。

 
夕暮れ時のワカチナの砂漠の風景
photo by Kamil Łaba

夕暮れ時の砂漠も大変美しいです。

 
朝日が昇るワカチナの砂漠の風景
photo by ilkerender

不思議な伝説が残る「ワカチナ」。ぜひこんなところでゆっくりと流れる時間を楽しみたいですね。

 

ワカチナのツアー情報をチェック!