エクスクルーシブな「クラウド・バー」でタイムズスクエアをゆっくり味わおう

ブロードウェイ劇場がひしめくタイムズスクエアの中心地にオープンしたデザイナーズ・ホテル、「シチズンM・ニューヨーク・タイムズスクエア・ホテル」。宿泊客のみが利用できるという、21階のルーフトップ・バーの魅力をご紹介します。

クラウド・バー Cloud Bar

シチズンM・ニューヨーク・タイムズスクエア・ホテルのロビー
photo by lifeandtimes.com

ニューヨーク、タイムズ・スクエア。ブロードウェイ・ミュージカルの劇場が立ち並び、常に多くの人々が行き交うこのエリアに、「これこそニューヨーク!」というイメージを持つ人も多いのではないだろうか。そのタイムズ・スクエアの中心地に、オランダ、イギリス、フランスで経営されている「シチズンM(citizenM)」ホテルが、アメリカ発となるホテルのオープンを果たした。

 
カクテルとホテル
photo by urbanpixxels.com

ニューヨークらしい、モダンなインテリアと大胆な色使いの内装がポイントのこのデザイナーズホテルの21階には、「クラウド・バー(Cloud Bar)」というルーフトップ・バーがある。夕方4時から深夜まで、宿泊客が利用することのできる贅沢な空間だ。

 
クラウド・バー Cloud Barの店内
photo by myfancyhouse.com

店内に入ると目に飛び込んでくるのが、鮮やかなグリーン系のインテリアと壁に飾られた鹿のオブジェ。そして、ランタンのような照明が空間を柔らかく照らしていて、不思議とリラックスできる。バルコニーに出て、階下で忙しなく動くニューヨークの姿を眺めたりするのも醍醐味だろう。

 
クラウド・バー Cloud Barのカクテル
photo by grubstreet.com

カクテル・メニューは季節感に富んでいる。カモミール、ブランデー、ライムをミックスした「コーマー・ザン・カモミール(Calmer than Chamomile)」は、夏の暑さを忘れさせるような爽やかさ。寒い冬には、「サイダー・ハウス・ルール(Cider House Rules)」という名のアイリッシュ・ウィスキーをベースにしたホットカクテルをトライしたい。

 
クラウド・バー Cloud Barのテラス席
photo by stupiddope.com

ニューヨークには多くのルーフトップ・バーがあるが、多くの人でごった返す人気店ではどこかくつろげないもの。宿泊客のみが利用できるこのクラウド・バーは、ゆったりと空間と景色を独占できるという点でポイントが高い。ニューヨークの宿泊先として、是非候補に入れたい場所だ。

 

シチズンM・ニューヨーク・タイムズスクエア・ホテルの予約・詳細情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード