エストニアで13世紀から建ち続けているタリンの「シュロッスル・ホテル」

日本との縁も浅くはないエストニアの首都、タリン。 その旧市庁舎前広場にあるホテルが、「シュロッスル・ホテル」です。 13世紀からの歴史を感じるエストニアで初めて5 つ星を獲得した素晴らしきホテルもご紹介致します。

シュロッスル・ホテル Schlössle Hotel

シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelの外観
photo by grandpalaceriga.com

バルト三国といえば、リトアニア、ラトビアともうひとつ、エストニアです。
日本との関係も浅からず、かつてはエストニア人の関取も在籍しており、大関まで上り詰めました。
そんなエストニアの首都であるタリンの旧市街、旧市庁舎広場近くに立地しているホテルがありますが、そのホテルこそ「シュロッスル・ホテル」です。
 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelの内装
photo by jp.lhw.com

このホテルは歴史も重ねており、その起源は13世紀に建築された邸宅です。
石造りは木造と比べて劣化のスピードが遅いため、邸宅からホテルへと変貌を遂げた今でも現役なのです。
内装も歴史を感じさせるものであり、まるで中世へとタイムスリップしたかのよう。
調度品やタペストリーなどが歴史を感じさせます。

 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelの客室
photo by jp.lhw.com

このホテルで最もゴージャスな客室といえば、「2ルーム・プレジデンシャルスイート」です。
他の客室が30平方メートルから45平方メートルなのに対して、この客室はなんと90平方メートルもあるのです。
この広さですので、キングサイズのベッドを置いてもまだ十分なゆとりがあります。

 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelの客室
photo by jp.lhw.com

歴史はあるホテルですが、現代人に必要な最新設備が整っているのはうれしい限りです。
iPadなども置いてありますし、高級音響メーカーとして有名なBoseのサウンドシステムを搭載しております。

 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelのバスルーム
photo by jp.lhw.com

さらにこの客室では、プライベートサウナも設置されております。
サウナだけでなく、ジャグジーも設置されていますので、リラックスできること間違いありません。

 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelのレストラン
photo by jp.lhw.com

「M.Cグリル」の自慢はゆったりとしたダイニングルームです。
瞬で新鮮な食材を使い、伝統的な料理、そしてコンテンポラリーな料理を堪能していただけます。

 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelのスイートラウンジ
photo by jp.lhw.com

食後のひと時、「スイートラウンジ」で過ごしてはいかがでしょうか。
ここでは食前や食後にコニャックを楽しめるほか、高級葉巻も用意してあり、まさに大人の空間です。

 
シュロッスル・ホテル Schlössle Hotelのテラス
photo by jp.lhw.com

タリンで優雅な時間を送ることができる「シュロッスル・ホテル」。ぜひタリンに滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

シュロッスル・ホテルの予約・詳細情報はこちら

 


 
この記事についたキーワード