インド・ウダイプールの湖のほとりに輝く「ジ・オベロイ・ウダイビラス」

インド西部のラージャスターン州のウダイプールは湖の恵みを受けており、その湖のほとりには「ジ・オベロイ・ウダイビラス」があります。 外観は見事な白亜の宮殿。まるでマハラジャの気分を味わうことができる素晴らしきホテルをご紹介致します。

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilas

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasからの眺め
photo by oberoihotels.com

インドの西部、パキスタンとの国境に近いところにラージャスターン州という州があります。
ここはインドで一番大きな州です。
西部には広大な砂漠が広がり、色鮮やかな原色の民族衣装が映え、インドの中で最もエキゾチックで幻想的な州といっても過言ではありません。
その州はどちらかというとあまり水が豊かではないのですが、ウダイプールという街には湖があり、「湖の街」とも呼ばれています。
白い建物の景観が美しい街です。
そんな湖の恵みをふんだんに受けたホテルこそ、「ジ・オベロイ・ウダイビラス」です。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasの全容
photo by oberoihotels.com

ウダイプールは、建物が全体的に白いものが多く、別名「ホワイトシティ」とも呼ばれています。
そんなホワイトシティの中でも、このホテルはまさに別格です。
その姿はまるで白亜の宮殿のような広さ、威容を誇っているのですから。
3軒のレストラン、2つの屋外温水プール、豪華なスパ、フィットネスセンター、ショッピング施設、図書室を併設しています。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラスのロビー
photo by jp.hotels.com 

1歩足を踏み入れるとそこはもう別世界です。
インドの伝統的な建築様式でラジャスタン地方の宮殿をイメージして建てられています。
伝統的でありながらスタイリッシュでもあるロビーです。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasのロビー
photo by oberoihotels.com

ロビーの応接スペースは、非常に重厚なつくりとなっております。
ソファーに張られている素材も豪華で、待ち合わせなどにはぴったりの場所でしょう。

公共エリアでは、無線インターネット アクセスをご利用いただけます (有料)。
施設内にビジネスセンターがあります。
ホテルのスタッフがコンシェルジュ サービス、ツアー / チケット案内などの手配をサポートします。
有料の送迎サービスとして、空港送迎 ((24 時間対応))、駅でのお迎えサービスをご利用いただけます。
係員付きパーキング サービス は無料です。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasの客室
photo by oberoihotels.com

これだけすごい外観のホテルなのだから、きっと中身も豪華絢爛なのだと想像してしまいますが、それはいい意味で裏切られます。
豪華絢爛なホテルは、見た目にはいいものの実用性に乏しい場合もあるものです。
一方このホテルの客室は、きわめて機能的に作られていますので、宿泊客への快適な滞在は約束されたようなもの。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラスの客室
photo by jp.hotels.com 

広々としたモダンな客室はアートワークやラグを使用した内装となっています。
客室内では無線の高速インターネットアクセス(有料)、薄型衛星テレビ、DVDプレーヤー、電子式セーフティボックス、ミニバー、新聞(無料)、デザイナーバスアメニティ、コーヒー / ティーメーカー、ボトルウォーター(無料)をご利用いただけます。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラスのバスルーム
photo by www.booking.com 

大理石のバスルームには、ジェットバスが備えられた独立した浴槽とシャワーがあります。
また、バスローブ、デザイナーバスアメニティ、ヘアドライヤーも完備されています。
窓の外に見えるライトアップされた宮殿を眺めながら優雅なひと時を過ごせることでしょう。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラスの庭
photo by www.zhibocc.com 

庭も美しくて朝夕の散歩に最適です。
都会の喧騒から離れ、まるで時代をタイムスリップしたかのような庭園を眺めているだけで癒されることでしょう。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasのプール
photo by oberoihotels.com

インドの圧倒的なパワーに疲れてしまったら、プールはいかがでしょうか。
このホテルには、屋外にインフィニティプールが設置されています。
プールで泳いでいると、まるで目の前にある空や海とダイレクトにつながっているかのような錯覚を受けます。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasのプール
photo by oberoihotels.com

疲れた体を癒すのであれば、プール以外にスパへ足を運ぶという手もあります。
ナチュラルオイルを使った施術、そしてアーユルヴェーダなどが受けられます。
また、マッサージ / トリートメント ルームがあり、フェイシャル /ボディー トリートメント、ボディスクラブ、アロマテラピー、マニキュアおよびペディキュアも施術してもらえます。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasのレストラン
photo by oberoihotels.com

このホテルには、2軒のレストランと1軒のバーがあります。
西洋料理やインド料理を堪能できるレストランで舌鼓を打ち、そしてバーでお酒を傾けてはいかがでしょうか。
夜の伝統音楽とダンスの公演を見ながら野外での食事も楽しめます。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラスのボート
photo by www.oberoihotels.com 

このホテルでは様々な映画やオーディオCDを利用したり、ヨガ、ラージャスタンの民族舞踊、ホテルのシェフの料理教室に参加することができます。
リクエストに応じてラクダや象乗りも提供しています。
ワインとカナッペを楽しみながらskikara(木製ボート)に乗ってリラックスするオプションもあります。

 

ウダイプール シティパレス
photo by www.topindiatravel.com 

ウダイプールで最もポピュラーの観光地のひとつが、「シティパレス」です。
歴代の王が増改築を繰り返してきたラジャスタン州でも最大級の規模を誇る王宮です。
シティパレスの中には博物館、ホテル、レストラン、お土産屋さん等があります。
特にお勧めなのが博物館です。
中に入ればラージャスターン州全土はもとより、遠くヨーロッパから集められた調度品の数々と職人技術の粋を極めた壁面装飾がどこまでも続きます。
上層バルコニーのガラスと鏡をふんだんに使用したモザイクの美しさは思わず見とれてしまうでしょう。
中は広く、ヒンズー教とイスラム教が世代ごとにいろいろと影響を受けているのが感じられる内容となっており、かなりの見ごたえがあります。

 

ジャグディーシュ寺院
photo by www.abaxjp.com 

地元の人々も多く訪れるジャグディーシュ寺院です。
ジャグディーシュ寺院は、ヒンドゥーのヴィシュヌ神を祀るお寺です。
参拝する時には急な階段を上っていきます。
階段を上がりきると両脇に大きな、ゾウの石像、寺院の外壁には様々な彫刻がびっしりと掘られた彫刻は圧巻です。
思わず感嘆の声が出てしまいます。

 

ラーナクプル
photo by www.columbia.edu 

ウダイプールから車で2時間のところにジャイナ教の寺院「ラーナクプル寺院」はあります。
そのほとんどが大理石で作られています。
細かい彫刻が施された柱や天井、それらが折り重なり、光と陰が見事に調和された空間が作られて、神秘的な雰囲気が漂っていました。
420本あるという柱にはすべて異なる装飾がされていると言われています。
8ヶ所ある天井のない部分からは建物の外側がどうなっているか見ることが出来ます。
ウダイプールの街からは少々離れていますが見る価値のある美しい寺院です。
ジャイナ教徒以外の訪問は毎日正午以降のみ受け付けてもらえます。

 

ジ・オベロイ・ウダイビラス The Oberoi Udaivilasの風景
photo by oberoihotels.com

ウダイプールを優雅に満喫することができる「ジ・オベロイ・ウダイビラス」。ぜひウダイプールに滞在する際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ジ・オベロイ・ウダイビラスの予約・詳細情報はこちら


 
この記事についたキーワード