ワイルドな自然の中での優雅な滞在が自慢の「ラヤヴァディ」

タイのマレー半島にあるクラビには「ラヤヴァディ」というホテルがあります。 緑生い茂る密林がワイルドな感じを演出させますが、設備そのものは非常に洗練されており、優雅な滞在を満喫することができる素晴らしきビーチリゾートホテルをご紹介致します。

ラヤヴァディ Rayavadee

ラヤヴァディ Rayavadeeの周辺風景
photo by jp.lhw.com

タイの首都バンコクから南へ進むと、マレー半島が見えてきます。マレー半島にある街がクラビであり、海をはさんで反対側にはプーケットもあります。
 
プーケットもそうなのですが、このあたりはタイでも有数のビーチリゾートの地として有名です。またクラビは、非常に有名なランタ島とピピ島へ行く途中にある島でもあります。
 
訪れる際、ラヤヴァディに宿泊できるのは、最高に幸運な人といえましょう。スピードボートを使ってアクセスできるクラビのホテル、それが「ラヤヴァディ」です。クラビ国際空港からはわずか23キロ(埠頭までは車で約25分)の距離にあります。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeの風景
photo by jp.lhw.com

敷地の中は、非常にトロピカルな雰囲気が広がっております。青い海と白い砂浜、そして生い茂るジャングルが、洗練されすぎたビーチリゾートとは一味も二味も異なる、ワイルドな感じをさせてくれます。
 
三方向を光り輝く砂浜と緑生い茂る密林に囲まれ、特別な環境と調和するため、ラヤバディではオープン以来意欲的に環境保護プログラムに取り組んでいます。客室は緑に囲まれて、猿やリスに出会うことができます。

 

ラヤヴァディ 外観
photo by jp.hotels.com

ホテルにはフルサービス スパ、屋外テニスコート、屋外プール、会議室、ショップ、フィットネスセンター、サウナ、図書室があります。
 
ホテルのスタッフが託児施設、両替、ランドリーサービス、ツアー / チケット案内、ウェディングサービスの手配をサポートします。公共エリアでは、無料の無線インターネットアクセスをご利用いただけます。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeの客室
photo by jp.lhw.com

このホテルの客室は、それぞれが独立した建物となっており、まずは「ハイドロプール・パビリオン」です。
 
広さは115平方メートルで、キングベッド1台もしくはクイーンベッド2台が用意されています。屋外には広さ約10平方メートルのハイドロプールが完備されています。
 
客室には室内金庫 (ノート型コンピュータ収納可能)とミニバー (無料アイテムあり)、ケーブルチャンネル、DVD プレーヤー、コーヒー / ティーメーカー、無料のボトルウォーターが完備されています。

 

ラヤヴァディ バスルーム
photo by www.rayavadee.com

客室にはジャグジー付きバスタブが備え付けられているのは嬉しいですね。バスローブ、バスアメニティのご用意があります。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeの客室
photo by jp.lhw.com

家族向けのパビリオンでしたら「ファミリー・パビリオン・ハイドロプール」です。2階建てでベッドルームは2室用意されています。
 
ハイドロプールももちろん完備されていますし、部屋の広さは137平方メートルです。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeの客室
photo by jp.lhw.com

絶景を楽しみたい方には「プラナン・ヴィラ」がおすすめです。広さが450平方メートルと圧倒的な広さももちろんですが、ビーチフロントの絶景を堪能できるのです。
 
もちろん、プライベートプールも完備してあります。

 

ラヤヴァディ プール
photo by www.rayavadee.com

緑の中の屋外プールは癒しの空間ですね。忙しい日常を忘れてリフレッシュできるでしょう。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeのレストラン
photo by jp.lhw.com

伝統的なタイ料理を堪能したいのであれば「クルア・プラナン」はいかがでしょうか。こちらでは、伝統的なタイ料理にカレー、スープにサラダがいただけます。
 
オープン席では、石灰岩の壮大な景色を眺め、心休まる波音をバックに洗練されたお料理をお楽しみいただけます。デッキでくつろぐのも悪くはありません。

 

ラヤヴァディ ラヤダイニング
photo by jp.hotels.com

エレガントでセミカジュアルな雰囲気の「ラヤ・ダイニング」では、インターナショナル料理をご用意しています。
 
珊瑚などの海洋生物が繊細なタッチで彫られた柱、優美に泳ぐイルカをモチーフにした金の壁画がレストランを豪華な雰囲気に包んでくれます。
 
爽やかに1日をスタートさせる大切な朝食から、サラダ、ステーキ、ロブスターなどの洋食ディナーまでお楽しみいただけます。テーブルは屋内とオープンエアーをご用意しています。

 

ラヤヴァディ スパ
photo by www.rayavadee.com

大自然に囲まれたスパで心身共に贅沢に癒されてみてはいかがですか?サービスにはマッサージ、フェイシャル トリートメント、ボディラップ、ボディスクラブ、アロマテラピー、アーユルヴェーダが含まれます。
 
スパではサウナもお楽しみいただけます。スパではタイの伝統的な療法を中心にボディー、マインド、スピリットを癒す様々なメニューを豊富に取り揃えており、贅を凝らした静寂の空間で、究極のリラクゼーションを堪能できます。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeのビーチ
photo by jp.lhw.com

このホテルでは、さまざまなアクティビティを実施しています。
 
ジャンブルで象に乗ったり、マングローブの林でカヤックを楽しんだり、無人ビーチでピクニックをしたりと、暇をもてあます心配はありません。

 

エメラルドプール
photo by planetandgo.com

クラビの観光名所は自然のものが多いです。森の奥にエメラルドグリーンに輝く池があり、そこが淡水の天然プールになっていて「エメラルドプール」と呼ばれています。
 
水深も1~2mで泳ぐのに適し、天気のいい週末は多くの人で賑わいます。そこからさらに歩くと見えてくるのが「ブループール」と呼ばれる景色。その透明度に感動する事間違いなしです。本当に真っ青で、自然の神秘を楽しめます。
 
また、近くにクロントム温泉がありますのでセットで観光する人が多いようです。石灰棚がそのままいくつもの天然の湯船になっていて大自然の中で入れるのはとても気持ちがいいです。クロントム温泉のお湯は透明で軽く硫黄の匂いがします。

 

タップ島
photo by yvonnequek.com

クラビには約130近い島々があります。クラビから観光で一番行く島がタップ島です。
 
海の透明度が高く、魚も多いので、スノーケリングや海水浴などを楽しむのにピッタリです。干潮になると二つの島を結ぶ浅瀬が姿を現し、行き来することができるようになる、不思議な光景を見ることが出来ます。

 

タイガーケイブ
photo by thaihi.ru

クラビタウンから北に約10km、切り立つ絶壁のそばに洞窟を利用した寺院があります。このタイガーケイブという名前は50年ほど前まで虎が生息していたことから名付けられました。
 
タイガーケーブの中には大きな仏像が座っており、その脇の階段を上ると仏像の足をかたどったお賽銭箱があります。展望台へとつながる1237段もの階段を上ると頂上には仏足石。
 
この階段は1段1段の大きさが違うため、頂上まで上がるには一苦労ですが上り終えると、そこからは雄大なクラビの熱帯雨林を見ることができます。また、鍾乳洞や100年の大木も見ることが出来ます。

 

ラヤヴァディ Rayavadeeの洞窟レストラン
photo by jp.lhw.com

タイ・クラビで優雅な時間を送ることができる「ラヤヴァディ」。
 
ぜひクラビに滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ラヤヴァディの宿泊予約・詳細情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード