美しい眺望と伝統と格式溢れるチューリッヒの「ボー・オー・ラック」

スイスの経済の中心といえば、チューリッヒ。 そのチューリッヒにあるホテルが、「ボー・オー・ラック」です。世界で初めてワーグナーの「ワルキューレ」が披露された素晴らしきホテルをご紹介致します。

ボー・オー・ラック Baur au Lac

ボー・オー・ラック Baur au Lacの周辺風景
photo by jp.lhw.com

スイスは、その国の中に様々なエッセンスが散りばめられています。
スイス西部のローザンヌやジュネーヴは、隣国フランスの雰囲気を感じ取れますし、南部のロカルノは同じく隣国イタリアの空気があります。
そしてスイス最大の経済都市であるチューリッヒは、どこかドイツの雰囲気がある金融の中心でもあります。
そんなチューリッヒの中心に位置する湖とアルプスの景色が楽しめる私有公園内に、優雅な雰囲気が漂う白亜の建物「ボー・オー・ラック」というホテルがあります。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacの周辺風景
photo by jp.lhw.com

チューリッヒにたたずむ古のホテル、ボー・オー・ラックはアルプスと湖畔の眺めと同じくらい素晴らしい歴史が自慢の5つ星ホテルです。 ボー・オー・ラックの開業は1844年。ヨハネス・ボーによって開業されました。世界で初めてワーグナーの「ワルキューレ」を披露した場所として名をはせ、またアルフレッド・ノーベルの前の秘書ベルタ・フォン・ズットナーはこのホテルのサロンでノーベル平和賞を授与されました。
今では王族のほか、俳優やミュージシャンらがこの貴婦人のようなホテルの素晴らしい眺めや、湖畔のプライベートパーク、チューリッヒの歴史的観光地などに魅せられて訪れています。創業158年を超える伝統と格式を誇っている名門のホテルで、エレガントさでは他に比肩するものがありません。
ホテルの周辺には、金融の中心部のパレード広場、時計屋さんやその他高級ショップが軒を連ねるバーンホフ通りがありますので、ショッピングにも非常に向いています。
楽しい観光とゆっくりリラックスするための滞在先として最適です。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacの客室
photo by jp.lhw.com

ボー・オー・ラックでは、一流のサービスが自慢で最新の客室アメニティーも兼ね備えています。
スイート20室を含む120室ある客室はどの部屋もエレガントで豪華な内装ですが、その中でもこのホテルで最もゴージャスな客室は「デラックスリバースイート」です。
広さは110平方メートルにも及び、大きなソファーセットが置かれたリビングでさえまだ余裕を感じるほどです。
日の光が降り注ぐバスルーム、キチネット、ゲスト用のトイレも完備してあり、窓からは運河を望むことができます。
客室は、配置されている調度品やインテリアがそれぞれ違うのも楽しいです。
客室にはエアコン、ケーブルテレビ、スリッパ、電話、セーフティーボックス、ポット、アイロン、ヘアドライヤーがそろっています。
廊下には厚い絨毯が敷かれており、音への配慮もされていますので、部屋の中では静かな時間を過ごすことができます。

 
バスルーム
photo by hotels.his-j.com

大理石のバスルームは、ゆったりとしており優雅な気分を満喫できます。一部の客室にはバスタブもシャワーもどちらも設置されているので、バスタブに浸かりながら身体をリラックスさせることもできるでしょう。
タオル、石鹸、シャンプーなどのアメニティーが用意されています。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacのレストラン
photo by jp.lhw.com

本格的なフランス料理を堪能したいのであればチューリッヒで最も有名なレストランの一つ「パヴィヨン」へ。
総料理長ローラン・エプロンがラグジュアリーな伝統料理をモダンに再現します。ミシュランで1つ星、ゴーミヨーで17ポイントを獲得した実力は伊達ではありません。
料理はもちろんのこと、有名建築家ピエールイヴ・ロションが設計したインテリアやガラスの壁から見渡せるその眺望も堪能してください。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacのレストラン
photo by jp.lhw.com

もう少しカジュアルに食事を堪能したいのであれば「リヴゴーシュ」へどうぞ。100年以上の歴史あるレストランは、近年リニューアルされました。
パヴィヨンの重厚なフランス料理とは異なり、こちらでは軽快な地中海風の魚介類やパスタなどをいただけます。また天気のよい日にはテラス席での食事でも大変素敵です。
レストランの中でも屋外テラスは町で人気の夏スポットで、地元住民も宿泊客も大勢集まり、軽食やカクテルを楽しみながら天蓋付きのテーブルから眺める壮大な景色に見とれています。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacのバー
photo by jp.lhw.com

チューリッヒの夜を堪能したいのであれば、「リヴゴーシュ・バー」はいかがでしょうか。
シックな内装は大人のナイトライフにぴったりです。チューリッヒの賑やかなナイトクラブをお楽しみください。

 
ボー・オー・ラックのチョコレート
photo by jp.lhw.com

スイスのこと、スイスのチョコレートのことを知ってもらうために、ロビーにて無料のチョコレートを配るサービスを行っています。それは、ホテルのお客様に限らずロビーにいる人全てにです。また、ボー・オー・ラックは独自の特別なブランド「チョコレート1844」を作っています。数多くのカカオを選定、ブレンドしながらカカオ含有率70%の「カレノワール70%」チョコレートを製造しています。強いカカオの風味、フルーティーなアクセント、かすかに香ばしさを後味に感じる特徴があります。
ホテルのギフトショップ、ワインショップ、チューリッヒ市内のワイン専門店「ボー・オー・ラック・ワイン」で購入することができます。「ボー・オー・ラック・ワイン」のポートワインとのペアリングは絶妙なハーモニーを生み出してくれるでしょう。ぜひ、ワインと共に召し上がってみてはいかがでしょうか。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacのフィットネス施設
photo by jp.lhw.com

フレンチやパスタを食べ過ぎたら、最上階にあるフィットネスセンターへどうぞ。こちらは最新の設備が整っています。慣れない旅先では街中ではなかなか走れませんが、ここならば思う存分走れます。 最上階からの素晴らしい景色を眺めながらトレーニングすれば、最高に気持ちのよい汗を流せるのではないでしょうか。
また、リクエストに応じて医療マッサージや理学療法を提供しています。

 
ボー・オー・ラックのイベント施設
photo by jp.lhw.com

ボー・オー・ラックには大小さまざまな大きさのイベント施設が8種類あります。数人でのミーティングに適した小さめの部屋から、数百人の大人数でのパーティーにも対応できるような大きなイベントスペースまであります。用途によって使い分けができるので、ビジネスとしても利用しやすいホテルなのではないでしょうか。もちろんブライダルパーティーなどで利用することもできます。

 

ボー・オー・ラックの周辺観光 Baur au Lac

フラウミュンスター
photo by tripadvisor.jp

ボー・オー・ラックからいくつかの人気観光スポットは近いので、周辺観光にもご満足いただけるでしょう。
ボー・オー・ラックから200mほどのところに、フラウミュンスター(聖母聖堂)があります。リマト川左岸に立つ教会で、青緑色の屋根をもつ細身の女性のような時計塔が印象的な教会はドイツ・ゲルマニアの王ルートヴィヒ2世が853年に女子修道院と共に建立したもので、そこからフラウ(ドイツ語で女性の意味)の名で呼ばれています。20世紀になってから取り付けられた、シャガールが手掛けたステンドグラスが見られるということで、たくさんの観光客が訪れています。シャガールのステンドグラスは縦長の物で非常に美しく、見た瞬間その美しさに圧倒されるでしょう。綺麗な色の教会、美しいステンドグラスを見ながら静かな時間を過ごせるので、ぜひ訪れてみてください。

 
チューリッヒ湖
photo by tripadvisor.jp

チューリッヒ湖を遊覧船で回るボートクルーズがあり、チューリッヒ観光をする上でおすすめです。左右にはチューリッヒ湖沿いに立ち並ぶ高級住宅街、左側にはアルプスの山々を背にした街並みを見ることができます。市内観光で見る景色とはまた違った景色が楽しめるでしょう。夏季は毎日運航しており、天候が良ければ船内ではなくデッキに出て気持ちの良い空の下、爽やかな風を肌で感じながら遊覧を楽しんでいただけます。ショートコースからロングコースまで用意されていますので、お好みに合わせて選ぶことができます。

 
バーンホフ通り
photo by tripadvisor.jp

チューリッヒ中央駅からチューリッヒ湖へ続く通りで、銀行や有名ブランドショップ、レストラン、カフェなどが数多く立ち並ぶバーンホフ通りがあります。ボー・オー・ラックからも徒歩で行ける近さですので、お土産などのお買いものやお食事にぜひ足を運んでみるのもいいでしょう。駅前から湖までは徒歩20分ほどですが、途中トラムも走っているので利用することもできます。
冬季は夜のイルミネーションもとても綺麗で、クリスマス時期にはクリスマスマーケットもあり、通りを歩きながらウィンドウショッピングするだけでも楽しむことができます。

 
ボー・オー・ラック Baur au Lacからの眺め
photo by jp.lhw.com

チューリッヒで優雅な時間を過ごすことができる「ボー・オー・ラック」。ぜひチューリッヒに滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?
サービス・施設:専用パーキング(予約不要)
        ガレージでの車の洗浄や修理の利用可
        レンタカー/空港シャトル(有料)
        ルームサービス
        24時間対応コンシェルジュサービス
        外貨両替
        ツアーデスク/チケットサービス
        ランドリー/ドライクリーニング/アイロンサービス
        靴磨き/理容室/美容室
        無料Wi-Fi
        FAX/コピー
        会議/ビジネスセンター/宴会設備
        ブライダルスイート
クローテン国際空港から約10.2㎞ 車で約15分
路面電車の停留所 徒歩5分

 

ボー・オー・ラックの予約・詳細情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード