【ポイントを押さえて効率よく!】短期滞在でも楽しめるワシントンD.C.観光おすすめの歩き方

アメリカ合衆国の首都、ワシントンD.C.。政治の中心としての厳かな趣に溢れるこの都市は、観光地としても見ておきたいスポットが盛り沢山。短期滞在でも充分満喫できる、ワシントンD.C.のオススメスポットを紹介します。

ワシントンD.C. Washington D.C.

ワシントンD.C. Washington D.C.の風景
photo by williambeem.com

ワシントンD.C.は、言わずと知れたアメリカ合衆国の首都。ニューヨークからも長距離バスや電車で3〜4時間で行ける距離にあるので、ちょっと足を伸ばすつもりで旅行日程に組み込めてしまうので、是非足を運んでいただきたい都市です。

 
ワシントンD.C. Washington D.C.のワシントン記念塔
photo by iphone-to-computer.com

見所満載のワシントンD.C.ですが、訪れたら何と言っても押さえておきたいのが、「ナショナル・モール」エリア。市の真ん中に位置する巨大なモニュメント、「ワシントン記念塔」を中心として、ホワイトハウスや国会議事堂、スミソニアン博物館、ナショナル・ギャラリーなどの主要な施設が建ち並ぶ、まさにD.C.の中心エリアです。大人の足なら十分歩いて廻れる距離ですが、ポイントを押さえて回りたいなら、地下鉄に乗って移動するのもオススメ。D.C.の地下鉄は、スタイリッシュで近未来的な雰囲気に溢れています。

 
ワシントンD.C. Washington D.C.の国立航空宇宙博物館
photo by sites.google.com

時間が許す限り、じっくり見たいのが博物館や美術館。ワシントンD.C.には、ナショナル・ギャラリーを始め、スミソニアン博物館、国立航空宇宙博物館など、アメリカ国内外から集められた歴史遺産を展示公開している施設が沢山あります。「展示されているものは国のもの、つまり国民のためのもの」という考えに基づいて、アドミッション(入場料)がほとんどの施設で無料なのもありがたいですね。

 
ワシントンD.C. Washington D.C.のスカルプチャー・ガーデン
photo by onephotographaday.com

世界の政治の中心地であり、歴史を感じさせる施設の多いD.C.ですが、厳かな佇まいの中に、緑溢れる景観というのも魅力の一つ。疲れたら広大な芝生で休憩するのも良し。筆者は8月に子どもを連れてD.C.に滞在しましたが、ナショナル・ギャラリーの中にある「スカルプチャー・ガーデン」の噴水の周りには子ども達がいっぱいでした。

 
ワシントンD.C. Washington D.C.の桜
photo by washington.com

4月に開催される「桜祭り」も、その時期にワシントンD.C.を訪れるなら見逃せないイベント。ポトマック川添いのタイダル・ベイスンに植えられた美しい桜並木の彩りは、圧巻の一言。日本で見慣れた桜並木も、外国で目にするととても新鮮な気持ちになりますよ。

 

ワシントンD.C.のツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード