人類が開いてしまった地獄の扉「ダルヴァザの地獄の門」

人類が開いてしまった地獄の扉「ダルヴァザの地獄の門」

トルクメニスタンのアハル州、カラクム砂漠の中央にあり、首都アシガバードの北約260キロメートルにあり、悪魔でも魔女でもなく、人の手によって偶然生み出された「ダルヴァザの地獄の門」。40年以上が経った今でも燃え続ける悪魔的魅力をご紹介します。

ダルヴァザの地獄の門

ダルヴァザの地獄の門の風景
photo by michael j moss
 

ダルヴァザの地獄の門は、トルクメニスタンのアハル州、カラクム砂漠の中央にあり、首都アシガバードの北約260キロメートルに位置する。

 
ダルヴァザの地獄の門の風景
photo by rapidtravelchai
 

このなんとも恐ろしい名前を持つ地獄の門は、悪魔でも魔女でもなく、人の手によって生み出されたもの。1971年に地質学者がボーリング調査をした際、偶然、天然ガスに満ちた洞窟を発見したが、調査の過程で落盤事故が起き、採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも直径50〜100メートルにもなる大きな穴が開いてしまいました。

 
ダルヴァザの地獄の門の風景
photo by rapidtravelchai
 

有毒ガスの放出を食い止めるため、点火することになったが、可燃性ガスが地下から絶え間なく吹き出るため、延々と燃え続ける事態となり、地獄の門は生まれました。

 
ダルヴァザの地獄の門の風景
photo by autarken
 

数マイル先からもハッキリと地獄の門を感じる事ができます。

 
ダルヴァザの地獄の門の風景
photo by Tormod Sandtorv
 

今後いつまで燃え続けるのかもわからない「ダルヴァザの地獄の門」。悪魔的な門をぜひ眺めに行きたいですね。

 

ダルヴァザの地獄の門のツアー情報をチェック!