【世界遺産】イスラムとヒンドゥーが交わる幻の都「ファテープル・シークリー」

インド北部アグラ近郊にムガル帝国第3代皇帝アクバルによって建設された世界遺産「ファテープル・シークリー」。インド史上最大の帝国の王アグバルが築いた幻の都をご紹介します。

925181
photo by Stuck in Customs
 

ファテープル・シークリーは、インドのウッタル・プラデーシュ州アーグラ約40km西に位置する、ムガル帝国第3代皇帝アクバルによって建設された都市。

 
0jS5A07
photo by Stuck in Customs
 

ムガール王朝第3代皇帝アクバルが子宝に恵まれないことを案じて、アグラの郊外のシークリーに住む聖者サリーム・チシュティーに相談し、実際に子供を授かったことから、小さな村でしかなかったこのシークリーに都を移転し、ファテープル・シークリーが生まれました。

 
img_7771
photo by Daniel Vinuesa
 

ファテープル・シークリーは、1571年に完成しましたたが、水源の確保の困難などの理由で、たった14年間でその役目を終えました。戦火にさらされることなく今に至ったことから、往時の姿を今に残しています。

 

photo by *_*
 

とても神妙な雰囲気があります。

 
Kizhi-Pogost2
photo by Daniel Vinuesa
 

往時の姿を今に残す「ファテープル・シークリー」。皇帝が築いた幻の都を眺めに行きたいですね。

 

ファテープル・シークリーのツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード