時間の経過と共に緑が生い茂り、自然に帰化するホテル「ヘリタンス・カンダラマ」

今、世界中から旅行客が集まる国、スリランカ。その発展を支えた建築家ジェフリー・バワの彼の最高傑作ともいえるホテルといえば「ヘリタンス・カンダラマ(Heritance Kandalama)」。自然に帰化する独特の魅力リゾートをご紹介します。

ヘリタンス・カンダラマ Heritance Kandalama

heritance-kandalama_kh-night-1
photo by flextiles.wordpress.com
 

スリランカは「光り輝く島」という意味の名前を持つ国です。
その自然の豊かさから「インド洋の真珠」とも呼ばれています。
清涼な気候と見ごたえある眺望に恵まれた高原地帯や色鮮やかな魚が戯れる群青の海。
いにしえの栄華を想起させる遺跡。
そして、どこまでもあたたかい人々のもてなし。
北海道の約8割という国土の中に、自然、民族、文化が驚くほどの多様性を備えて混在しています。
ヘリタンス・カンダラマは、そんなスリランカのシンボルである、シギリアロックを望む高台に位置しています。

 
heritance-kandalama-hotel
photo by tripadvisor.com
 

ビーチリゾートと太古の自然を残す2つの面を併せ持ち、近年リゾート開発も活発に行われているスリランカが発展した背景に忘れてはならない人物、建築家ジェフリー・バワによってヘリタンス・カンダラマは設計されました。

 
1155789105
photo by holidaycheck.de
 

「自然に帰化する」ことをコンセプトに設計されたヘリタンス・カンダラマは、手つかずの木々に囲まれ、時間の経過と共に敷地一帯に緑が生い茂り、独特の存在感を放ちます。

 
ヘリタンス・カンダラマ 外観
photo by www.roughguides.com
 

ホテルを見る角度によって森に埋まってるかのように感じます。

 
ヘリタンス・カンダラマ 内装
photo by 3.bp.blogspot.com
 

ホテルのエントランスも岩が自然のままの姿で佇んでいます。
全長約1kmのホテル内散策だけでも十分観光になります。

 
ヘリタンス・カンダラマ スーペリアルーム
photo by www.booking.com
 

このホテルは横幅が1km近くもあるため、場所によって部屋から見える景色が異なります。
大まかにいって、ダンブッラウイングよりシギリヤウイングの部屋の方が湖がよく見え、フロアが上がればシギリヤロックも見ることができます。
ホテルのスタンダードな客室はこちらの「スーペリアルーム」です。
広さは18.9㎡とコンパクトながら、大きな窓とテラスで解放感があります。
コーヒー/ティーメーカーやミニバーが備わっており、のんびりと過ごすことができます。
また、無料Wi-Fiが利用可能です。

 
Heritance-Kandalama-photos-Room-Heritance-Kandalama-KHBed-Room
photo by booked.net
 

窓越しでも自然の強いパワーを感じます。

 
ヘリタンス・カンダラマ ロイヤルスイート
photo by www.booking.com
 

このホテルで一番ラグジュアリーなお部屋は120㎡の「ロイヤルスイート」です。
リビングルーム、ベッドルーム、2つのバスルーム、2つのバルコニーが備わっています。
こちらのお部屋には24時間対応のバトラーサービスが付いており、優雅に過ごすことができます。

 
ヘリタンス・カンダラマ バスルーム
photo by www.booking.com
 

バスタブからも美しいカンダラマ湖とそれを囲む山々の景色を堪能でき、静寂の中に耳を澄ませば、遠くに聞こえる鳥の鳴き声、朝日の映るカンダラマ湖畔の光など、静かに流れる時を感じながら贅沢なバスタイムを過ごすことができます。

 
ヘリタンス・カンダラマ バワ専用デスク
photo by thevoyageur.net
 

自分の部屋以外でも寛ぎ、楽しめるのがこのホテルの特徴です。
居心地のよい場所を求めて、ホテル内を探検してみましょう。
こちらは建築家バワ自身が好んだ場所です。
この場所にはバワ専用だった机と椅子が置かれています。

 
cave-dinner
photo by BringBackEGDG
 

自然豊かな環境ならではのこんな愛らしい光景も。

 
ヘリタンス・カンダラマ シックスセンス スパ
photo by www.travel-individuell.de
 

こちらがシックスセンススパです。
スパとアーユルヴェーダは異なるものですが、1日だけ体験したい場合はスパにする方がおすすめです。
スリランカではスパでもアーユルヴェーダ的なプログラムがあり、医師の診断が無い分時間を有効に使えます(長い間施術をしてもらえる)。
医師の診断の有無の他には、使用するオイルの違いがあります。
スパでは受ける人の好みで匂いなどから選び、オイルには香料なども使われます。
それに対してアーユルヴェーダ的なマッサージでは自然由来のもののみを使用するそうです。
このシックスセンススパでも、アーユルヴェーダトリートメントがありますので、ご予約の際に選ぶと良いでしょう。

 
カンチャナレストラン
photo by www.booking.com
 

このホテルでは地元の食材や技法を取り入れたヘリタンス料理や世界中からの文化の影響をブレンドしたフュージョンレストランがあります。
こちらのカンチャナレストランでは、毎日テーマのある夜を提供しており、世界各国の料理を満喫できます。
レストラン内にも木をイメージしたオブジェがあったり、森を意識したデザインになっています。
シギリヤの城塞とカンダラマ湖の景色を眺めながら食事をお楽しみください。

 
ヘリタンス・カンダラマ 洞窟ディナー
photo by www.booking.com
 

レストランだけでなく、ユニークな場所でも食事をすることができます。
こちらの洞窟での夕食はとても人気です。
フルートの生演奏を聴きながらロマンチックな食事をお楽しみいただけます。
この他にも湖や庭など、自然の中でも思い出に残るお食事ができます。

 
シギリアロック
photo by blogs.c.yimg.jp
 

こちらがスリランカのシンボル、シギリアロックです。
世界遺産にも登録されています。
狂気の王カッサパが地上200mに築いた宮殿跡で、ジャングルの中を歩いて行くと姿を現す要塞のような四角い岩山がシギリアロックです。
岩山の中腹には『シギリヤ・レディ』として知られるフレスコの女性像が有名です。
1500年を経た今も穏やかな微笑みをたたえています。
頂上からは360度大自然。
素晴らしいの一言です。

 
ダンブッラ石窟寺院
photo by www.lionroyal.com
 

こちらが「ダンブッラ石窟寺院」です。
平原に突如盛り上がったような自然の岩山の頂上に自然の洞窟を利用した5つの窟があり、中には多数の仏像が安置され、無数の壁画が描かれています。
ダンブッラという名は「水の湧き出る岩」という意味を持ち、天井からは聖なる水が絶えず滴り落ち、下に置かれた壺の水は枯れることも溢れることもないといいます。
ダンブッラ石窟寺院は世界遺産でもある観光地ですが、今も多くの人々が祈りを捧げる生きた寺院です。
ダンブッラはスリランカ最大の石窟寺院でもあり、頂上からはシギリヤロックを望むこともできます。

 
ミンネリア国立公園
photo by tourism-srilanka.net
 

サファリツアーを体験したい場合には、ミンネリア国立公園がお勧めです。
国立公園としては規模が小さいですが、野生の象に会えるチャンスが非常に高く、シギリヤやダンブッラから近い場所にあるため、ジープサファリが楽しめます。
専門のドライバーさんの運転で、足場の悪い道を通り、高い木や枝が茂る林を潜り抜け、1時間ほどかけて沼地へと向かいます。
沼地に到着すると、野生の水牛や象の群れがどこからともなく集まってきて、沼地で水浴びをしたり餌を食べたりする風景を見ることができます。
多いときには150頭もの象の群れに出会うこともで、目の前に現れる自然の動物たちの姿には感激します。

 


photo by Gustible
 

スリランカの自然の美しさを存分に感じることができるホテル「ヘリタンス・カンダラマ」。日常を離れ、自然に帰化しに宿泊したいホテルですね。

 

ヘリタンス・カンダラマの宿泊予約・口コミ情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード