著名人に愛されたイスタンブールの伝説のホテル「ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラ」

世界有数の観光都市として知られるイスタンブール。そのイスタンブールの新市街側の、かつては外人居留地であったベイオール地区に、伝説のホテル「ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラ」があります。アガサ・クリスティーやグレタ・ガルボなど各界の著名人から愛されてきたホテルで、優雅な一時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラ Pera Palace Hotel Jumeirah

金角湾
photo by Istanbulpark.de

世界有数の観光都市として知られるイスタンブール。ヨーロッパ、アジア両方のエリアを含んでおり、「東西の十字路」と呼ばれるトルコにふさわしい場所に位置しています。ヨーロッパサイドはさらに、旧市街、新市街と2つのエリアに分かれていますが、その境界となっているのがゴールデンホーン、金角湾です。その名のとおり「角」のような形をした東西に細長い湾です。湾の南側にはユネスコの世界遺産「イスタンブル歴史地区」を抱える旧市街が、湾の北側には現代のイスタンブールを感じることのできる新市街が広がっています。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラ
photo by booking.com

新市街側にあるベイオール地区、かつてはヨーロッパ人の商人や使節の外人居留地だったエリアに、伝説のホテル「ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラ」はあります。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのエントランス
photo by jp.hotels.com

ホテルの創業は1892年。かの有名なオリエント急行で、フランスからイスタンブールを訪れる王侯貴族や著名人のための高級ホテルとしてその歴史は始まりました。アールヌーボー、ネオクラシック建築の建物は、当時、スルタンの住む宮殿以外で唯一、お湯や電気設備が整った建物だったとか。トルコ初の電動エレベーターもこのホテルに備えられました。2008年に大々的なリノベーションが行われましたが、建築当時と変わらないクラシカルな美しさは今も健在です。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラの天井
photo by jp.hotels.com

ドアマンがうやうやしく開けてくれる扉を抜けると、そこはもう別世界。ロビーの煌めくシャンデリアとモスクを思わせるオリエンタルなデザインが施された美しい天井に思わず目が奪われます。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラの101号室
photo by jp.hotels.com

100年以上の歴史を持つこのホテルは、多くの人々をお客様として迎えてきました。その中でも忘れてはならないのが、トルコ「建国の父」アタテュルク。彼が、イスタンブールで最初に職務を執り行った101号室はそのまま保存され、博物館として公開されています。このホテルが別名「博物館ホテル」として知られている所以です。
 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラの411号室
photo by jp.hotels.com

アタテュルク以外にも、多くの著名人から愛されてきたこのホテル。彼らの名前が冠された、16室の特別仕様のお部屋が用意されています。こちらは411号室の「アガサ・クリスティー・キングルーム」。彼女がここで「オリエント急行殺人事件」を執筆したという伝説を持つお部屋です。深紅でまとめられたシックなお部屋は、ミステリーの女王にふさわしい独特な雰囲気を感じさせます。彼女の写真や本も飾られており、クリスティーファン垂涎のお部屋です。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのヘミングウェイ・スイート
photo by jp.hotels.com

こちらは「老人と海」で有名なアメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイをトリュビートした「アーネスト・ヘミングウェイ・スイート」。5部屋用意されています。1922年にペラ・ホテルに滞在したヘミングウェイ。彼の愛した海と葉巻をイメージした、ブルーとブラウンでまとめられた室内には、彼の写真や原稿などが飾られています。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのガルボルーム
photo by jp.hotels.com

ピンクが基調のこの美しいお部屋は「グレタ・ガルボ・コーナールーム」。1924年にペラ・ホテルに滞在したスウェーデン出身のハリウッド女優、グレタ・ガルボをトリビュートしたお部屋で、こちらは6室用意されています。かわいらしいバラのモチーフは彼女のはかなさをイメージしているとか。これらの特別仕様のお部屋以外にも、エレガントでクラシックな内装が施された魅力的なお部屋が、115室用意されています。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのバスルーム
photo by jp.hotels.com

バスルームもご覧の通りクラシックなしつらえ。深めのバスタブは猫足です。ヨーロッパの映画にでも出てきそうな雰囲気ですね。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのアガサレストラン
photo by jp.hotels.com

お食事はぜひこちらのAgatha Restaurant(アガサ・レストラン)で。アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」にイスパイアされたとのことで、白黒チェックの床など、ポワロ作品に登場するアール・デコ様式が取り入れられた、内装が美しいレストランです。もちろん肝心のお料理もとても好評です。ホテルの2階にあるこのレストランでは、フレンチ、イタリアン、トルコ料理などを堪能できます。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのカフェ
photo by jp.hotels.com

1階のロビー横には、オリエント急行の始発駅パリの香りただようかわいらしいカフェが。コーヒーや紅茶のお供に、丁寧に作られたケーキやマカロン、チョコレートはいかがでしょう。そう言えば、エルキュール・ポワロもチョコレートがお好きでしたね。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラのスパ
photo by jp.hotels.com

コンパクトながらも充実したサービスが定評のスパもあります。このホテルの中では珍しい、現代を感じさせるデザインになっています。トルコの伝統的な入浴施設ハマム、蒸し風呂、サウナ、ジャクジーなどで旅の疲れを癒してみては。屋内プールやジムも併設されています。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラからの金角湾
photo by jp.hotels.com

ホテルのロケーションもなかなかのもの。一部のお部屋からは、金角湾とその向こうに広がる旧市街が一望できます。ホテルを出て少し歩けば、新市街を代表するメインストリート、イスティクラル通りに。国内外のブランドショップ、老舗レストラン、魚市場、教会などが並ぶこの通りは、新旧のイスタンブールの魅力を発見するのに最適です。

 
ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラの内部
photo by jp.hotels.com

各界の著名人から愛されてきた、伝説的なミュージアムホテル「ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラ」。19世紀にタイムスリップしてしまったような、名門のクラシックホテルで、優雅な一時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

ペラ・パレス・ホテル・ジュメイラの予約・詳細情報はこちら

 


 
この記事についたキーワード