ハネムーンにもオススメ!絶海の孤島にあるモアイ【イースター島】

地球の裏側にあるイースター島。島内には約900体のモアイがあるといわれ、様々なモアイを見ることができる。大きいものは8mもあり、その巨大さは、ぜひ実際に見て体感してほしい。

イースター島のモアイ
photo by M.Toraiwa
 

太平洋にぽつんと浮かぶチリ領の「イースター島」。最も近いサラ・イ・ゴメス島からでも東北東に415km離れている絶海の孤島であり、人の住む最も近い島であるピトケアン島までは約2,000kmの距離があります。

 
イースター島のモアイ
photo by M.Toraiwa
 

島全体が「ラパ・ヌイ国立公園」としてチリ政府により国立公園に登録されており、また1995年には世界遺産に登録されています。

 
イースター島のモアイ
photo by M.Toraiwa
 

島には約900体もいると言われているモアイ。石切り場では下半身がまだできていない製造途中のモアイも見ることができます。

 
イースター島のモアイ
photo by M.Toraiwa
 

部族抗争で島内のすべてのモアイは倒されたが、のちの研究者や日本企業の協力により復元されたものが多いですが、まだ倒れたままのモアイも多く見られます。

 
イースター島のビーチ
photo by M.Toraiwa
 

夏にはビーチで泳ぐこともでき、リゾート地としても人気なイースター島。
ぜひひと味違った海外旅行を楽しんでみませんか?

 

イースター島のツアー情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード