• 旅行ハック
    海外旅行で助ける日本の「大使館・総領事館」について
  • オセアニア
    大都市と自然。両方の魅力が詰まった「シドニー」の観光スポットおすすめ7選
  • 旅行ハック
    格安航空サービス「LCC」って何だろう?
  • 国内
    ザ・リッツカールトン日光が2020年5月22日(金)にオープン!
  • 旅行ハック
    海外旅行に必須!日本の「パスポート(旅券)」について
  • 旅行ハック
    いまさら人に聞きにくい!海外旅行に必要な「ビザ(査証)」について
シックで大人の滞在を満喫する「デ・ルーロップ・アムステルダム」

ドゥルーロップ・アムステルダム De L’Europe Amsterdam

デ・ルーロップ・アムステルダム
photo by jp.lhw.com

かつてはヨーロッパ有数の中継都市として名を馳せた、オランダの首都アムステムダム。
運河の街としても知られるアムステルダムのアムステルダム川沿いに佇む5つ星ホテル、それが「デ・ルーロップ・アムステルダム」です。
しばしば「アムステルダムの王宮」と例えられています。
クルーズターミナル、中央駅、美術館、観光スポットにも近い位置にあります。

 
デ・ルーロップ・アムステルダムのフロント
photo by jp.lhw.com

ドアマンに誘われてドアを入ると、そこにはシックな感じのフロントが。外の賑やかな雰囲気とは違った、優雅な別世界の空気が流れます。これからの落ち着いた滞在を予感させてくれます。

 
デ・ルーロップ・アムステルダムの室内装飾
photo by jp.lhw.com

室内装飾は、控えめながらゴージャス感があふれています。スカーレット色の壁にオランダ名画の複製、天井から吊るされたムラーノ製ガラスのシャンデリアが目を引きます。
どことなくクラシックな室内装飾が、ほっとさせてくれる感じでもあります。

 

デ・ルーロップ・アムステルダムの客室

デ・ルーロップ・アムステルダムの客室
photo by jp.lhw.com

「プレミアムデラックス」と言うお部屋には、モダンなアメニティが取り揃えられています。
広さはさほどでもありませんが、窓からは前を流れるアムステル川を望むことが出来ます。
客室はCOCO MAT社のベッド、i-Podのドッキングステーション、iPad、BOSEサラウンドサウンドシステムなど、最新設備が備わっています。また、客室装備にはエアコン、薄型テレビ、DVDプレーヤー、無線LAN、室内金庫、電話、ミニバー、コーヒー/ティーメーカーがあります。

スイートルーム
photo by jp.lhw.com

111室ある客室のうち、本館と隣接する別館に作られた新しいダッチマスターズウィングは全室スイートになっています。各部屋に異なる装飾が施され、近隣のアムステルダム国立美術館に展示されている、緻密なオランダの巨匠の絵画のレプリカが飾られています。

 
バスルーム
photo by booked.jp

大理石のバスルームは、窓からの明るい光が差し込む広々とした空間になっていますので、ゆったりリラックスできるでしょう。シャワーとバスタブがあり、オランダの寒い冬には嬉しい床暖房もついています。その他バスローブ、シャンプーや石鹸などのアメニティ、ヘアドライヤーが備わっています。

 

デ・ルーロップ・アムステルダムのスパ

デ・ルーロップ・アムステルダムのスパ
photo by jp.lhw.com

このホテルのスパ「スキンズ・インスティテュート」では、クラシックなホテルの雰囲気とは対照的に、静かでモダンなホワイトベースのインテリアです。プロのセラピストがオーガニックのケア用品のみを使用した、贅沢なボディトリートメントやスキンケアを提供しています。
広さが実に400平方メートルにも及ぶスパでは、各種トリートメントやヘアサロン、サウナ、フィンランド式サウナやスチームバスを楽しむことが出来ます。その他、マニキュア&ペディキュアサービス、パティオ付きのリラックスルームなど充実の内容で、連泊しても飽きることがありません。
トリートメントメニューにはアロマセラピーやフェイシャル、ハイドロセラピー、リフレクソロジーなどもあります。

 
デ・ルーロップ・アムステルダムのプール
photo by jp.lhw.com

このスパには、もちろんプールもついております。
プールにはジェット水流やジャグジーもついており、アムステルダム川の眺望を楽しみながら入ることができます。
スパにはショップもあり、最新のフィットネス器具を取り揃えたジムも併設されていて、パーソナルトレーナーの予約も可能です。

 

デ・ルーロップ・アムステルダムのレストラン

デ・ルーロップ・アムステルダムのレストラン
photo by jp.lhw.com

暖かい季節にぴったりな運河沿いの「ヘッドテラス」と言うレストランからも、アムステル川を望むことが出来ます。あまりかしこまった雰囲気がお好きでないという方ならば、こちらのモダンなカフェの運河沿いの開放的な雰囲気はきっとお気に召すことでしょう。
また、歴史ある作品が飾られ、市内で最も本格的なアフタヌーンティーが楽しめる「プロムナード」というレストランもあります。アートギャラリーのような雰囲気の中、英国式のティーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
レストラン
photo by jp.lhw.com

アムステルダムで最もお洒落なレストランの1つにあげられる「ホーフシュタットブラッスリー」のダイニングルームは、明るめの木を使った壁に囲まれアクセントカラーにはオレンジ色を施し、輝き溢れる空間となっています。種類豊富なワインによく合うモダン・フレンチの料理が提供されます。
ミシュラン2つ星の受賞歴を誇る「ボードー」では、現代フランス料理にオランダの香りをきかせたメニューをお頼みいただけます。居心地がよく洗練されたダイニングルームでは、オランダ産ロブスターやブラック・アンガス種の仔牛ほほ肉とシャルロットなどを楽しむことができます。
その他、世界的に有名な「フレディーズ バー」もあり、ピアノの生演奏を聴きながら、カクテルやスナックをいただくのもいいでしょう。

 

「デ・ルーロップ・アムステルダム」周辺観光

ダム広場
photo by ja.wikipedia.org

ホテルから徒歩10分のところにあるダム広場。アムステルダムを象徴する広場で、石畳と歴史的建築物に囲まれた大勢の人々の活気に満ちた場所で、政治集会や祭りなども開かれます。17世紀に建てられた王宮があり、現在は王家や国家の行事に使用されています。偉大な画家たちの傑作で飾られた部屋などを見学することができます。
王宮の隣にはゴシック調の新教会があり、壮大なステンドグラスの窓と繊細な彫刻を施した説経台、存在感のある2台のオルガンが目玉です。
広場の周りには、バイエンコルフなどの有名デパートがいくつかあり、ウィンドウショッピングや買い物にと楽しいところです。

 
ムントタワー
photo by 4travel.jp

シンゲル花市のすぐ近く、カルファー通りの入り口にある塔。中世の城壁の一部で、ナポレオン統治時代は造幣局だった場所です。現在は中に入ることはできないようですが、思わず写真におさめたくなるようなかっこいい塔です。
少し離れたとことからでも目につきますが、塔のふもとには花市もあるので、ぜひ近くまで行って見てみるのもおすすめです。夜はライトアップもされていて、また雰囲気が違います。

 

「デ・ルーロップ・アムステルダム」で大人の時間を

デ・ルーロップ・アムステルダム
photo by jp.lhw.com

シックで大人の滞在を満喫することができる「デ・ルーロップ・アムステルダム」。ぜひアムステルダムに滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?
サービス・施設:レンタカー
        ランチボックス
        外貨両替
        ツアーデスク
        コンシェルジュサービス
        ベビーシッター/託児サービス
        ランドリー/ドライクリーニング
        アイロンサービス/靴磨き
        ビジネスセンター
        会議/宴会施設
        FAX/コピー
        多言語対応スタッフ
        ギフトショップ
        ブライダルスイート
        

 

デ・ルーロップ・アムステルダムの宿泊予約・口コミ情報をチェック!

 

関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • オランダでの子育て
    子育て世代から見るオランダでの現地生活あれこれ
  • 死ぬまでに行きたい!世界のベストアイランド10選
  • 地球を感じる極寒ダイビング!世界中のダイバーを虜にする地球の割れ目「シルフラ」
  • 未知なる世界への入り口?世界の不思議な洞窟10選
  • 死ぬまでに行きたい世界の絶景:アイスランドの滝「セリャラントスフォス」
  • 自然大国アイスランドを満喫しきる上品なデザインホテル「イオン・ラグジュアリー・アドベンチャーホテル」
おすすめの記事