• 旅行ハック
    海外旅行に必須!日本の「パスポート(旅券)」について
  • 国内
    ザ・リッツカールトン日光が2020年5月22日(金)にオープン!
  • 旅行ハック
    いまさら人に聞きにくい!海外旅行に必要な「ビザ(査証)」について
  • オセアニア
    大都市と自然。両方の魅力が詰まった「シドニー」の観光スポットおすすめ7選
  • 旅行ハック
    格安航空サービス「LCC」って何だろう?
  • 旅行ハック
    海外旅行で助ける日本の「大使館・総領事館」について
歴史を重ねたマドリードの「ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド」

ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmond

ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondの外観
photo by jp.hotels.com

ヨーロッパのホテルには、歴史を多く重ねているところも少なくはありません。
ヨーロッパの中でかつて「太陽の沈まぬ帝国」と呼ばれたスペイン、その首都であるマドリードの中心部で、20世紀初頭から歴史を紡いできているホテルがあります。
それが、「ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド」です。
マドリードのメジャーな観光スポットである海洋博物館やプラド美術館にも、歩いていくことが可能です。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondのロビー
photo by jp.hotels.com

外観も非常に歴史を感じさせるたたずまいですが、中に入るとさらに歴史を感じることができます。
木目を生かしたドア、ホールの中央に鎮座する植物や、その上から吊り下がっているシャンデリア、さらにまるで宮殿のような階段がゲストを優雅な気分にさせます。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondの客室
photo by jp.hotels.com

客室は大きく分けて3種類です。
まずは「クラシックルーム」「デラックスルーム」です。
広さは28平方メートルほどですが、窓からはプラド美術館を見ることができます。
部屋には大理石のエレガントなバスルームもあり、これだけでも優雅な気持ちです。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondの客室
photo by jp.hotels.com

次は「スイートルーム」です。
広さは45平方メートル以上あり、キングサイズもしくはクイーンサイズのベッドが用意されています。
リビングルームに置かれている椅子や敷かれているじゅうたんも非常にゴージャスな気分にさせてくれますね。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondの客室
photo by jp.hotels.com

そして「プレジデンシャル&ロイヤルスイート」です。
ヨーロッパの優雅さを体現したような客室です。
床には、ホテルの中でも最上級の手織りのじゅうたんが使われています。
さらに、大理石の暖炉まで設置されているのです。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondのレストラン
photo by jp.hotels.com

レストラン「ゴヤ」には、巨大なシャンデリアが吊るされています。
伝統的なスペイン料理に、フレンチやバスクのエッセンスを取り入れた前衛的な料理が提供されます。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondのバー
photo by jp.hotels.com

シャンパンのブランドとして有名な「クリュッグ」ですが、このホテルにはその名も「クリュッグバー」がありまして、クリュッグはもちろんその他のアルコールもイベリコ豚の生ハムなどと一緒にいただけます。

 
ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド Hotel Ritz by Belmondの夜の外観
photo by jp.hotels.com

マドリードで優雅な時間を送ることができる「ホテル・リッツ・バイ・ベルモンド」。ぜひマドリードに滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ホテル・リッツ・バイ・ベルモンドの予約・詳細情報をチェック!

 

関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • オランダでの子育て
    子育て世代から見るオランダでの現地生活あれこれ
  • 死ぬまでに行きたい!世界のベストアイランド10選
  • 地球を感じる極寒ダイビング!世界中のダイバーを虜にする地球の割れ目「シルフラ」
  • 未知なる世界への入り口?世界の不思議な洞窟10選
  • 死ぬまでに行きたい世界の絶景:アイスランドの滝「セリャラントスフォス」
  • 自然大国アイスランドを満喫しきる上品なデザインホテル「イオン・ラグジュアリー・アドベンチャーホテル」
おすすめの記事