気軽な気持ちで有馬を満喫!有馬温泉の日帰り入浴おすすめランキング

神戸の高級温泉地として名高い有馬温泉ですが、意外と立ち寄り入浴できるところも多いってご存知でしたか? 庶民的な公衆浴場から、ちょっと敷居が高そうな高級旅館まで。立ち寄りなら気軽に楽しめそうですね。 そんな有馬温泉で、日帰り入浴できるおすすめの温泉をランキング形式でご紹介します。

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第7位 銀の湯

銀の湯
photo by jalan.net
銀泉
photo by blogs.yahoo.co.jp

有馬温泉は、鉄分の多い赤茶けた「金泉」と呼ばれるお湯が湧出しているところが多いのですが、銀の湯は炭酸を含んだ無色透明。「金泉」になぞらえて「銀泉」と呼ばれます。
 
銀の湯は、市営の公衆浴場です。銭湯価格ですので、気軽に有馬の湯を楽しむことができるのはいいですね。新しい施設だけに、天井が高く明るい浴室は好評です。
 
近くには銀の湯がお湯を引いている炭酸泉源公園があり、昔はこの炭酸泉に砂糖を入れて飲んでいたそうです。サイダーの発祥地とも言われる有馬の炭酸泉を、直に体験することができますよ。

 

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第6位 かんぽの宿 有馬

かんぽの宿有馬
photo by travel.yahoo.co.jp
かんぽの宿有馬
photo by kanponoyado.japanpost.jp

かんぽの宿有馬は、有馬温泉では珍しい、自家泉源を持っています。
 
敷地内から豊富に湧出する金泉をふんだんに使った、かけ流しの温泉は魅力です。ここではなんと、7日に1回温泉をくみ上げるパイプを交換しないとパイプが詰まってしまうそう。それだけ濃い温泉が湧出しているということですね。

 

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第5位 有馬温泉 太閤の湯

太閤の湯
photo by hambrachel.at.webry.info
太閤の湯
photo by taikounoyu.com

有馬温泉 太閤の湯では、金泉・銀泉の両方を一度に楽しむことができます。
 
日帰り入浴が中心の施設なので、宿泊客の方を気にせず楽しめるのはいいですね。タオルやバスタオル、館内着もセットで付いているので、手ぶらで行って大丈夫なのもうれしい!
 
蒸気浴や岩盤浴など、26もの温泉を全部回ろうと思ったら、1日では足りないかもしれませんね。

 

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第4位 有馬御苑

有馬御苑
photo by blogs.yahoo.co.jp
有馬御苑
photo by travel.rakuten.co.jp

有馬御苑は、神鉄有馬温泉駅を降りてすぐ。バスステーションにもほど近いとても便利な場所にあります。有馬温泉の中をぐるっとゆっくり観光してきて、最後に立ち寄るのにも便利な温泉です。
 
ここもタオルやバスタオルを無料で貸してくれるので、手ぶらで入れるのがうれしいところです。
 
もちろん温泉も、有馬の濃い金泉を存分に味わうことができます。

 

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第3位 竹取亭円山別亭 康貴

康貴
photo by blogs.yahoo.co.jp
康貴
photo by taketoritei-koki.com

竹取亭円山別亭 康貴は、日帰り入浴専門のお黒です。
 
お風呂自体はそんなに大きくはありませんが、金泉と銀泉の両方につかることができます。
 
竹取亭円山は、有馬でも知られた名門旅館です。その別亭ですから、きめ細かい心配りを感じながらゆっくり有馬の湯を楽しむことができます。有馬でも穴場の日帰り温泉スポットと言えるでしょう。

 

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第2位 陶泉 御所坊

御所坊
photo by blog.livedoor.jp
19b5b652[1]
photo by kty1.blog135.fc2.com

陶泉 御所坊は、800年続く有馬温泉最古の老舗旅館。実はここも、日帰り入浴することができます。
 
「金郷泉」と呼ばれる金泉の湯舟は、同じ湯舟を石垣と竹で仕切っただけの半混浴式。目の前には美しく整えられた庭園が広がる半露天です。
 
赤褐色に濁った金泉なので、見える心配はあまりありません。でも、仲のいいカップルやご夫婦で、会話を楽しみながら入るのがいいかもしれませんね。

 

有馬温泉日帰り入浴おすすめランキング第1位 金の湯

金の湯
photo by amechandrops.wordpress.com
金泉
photo by kurumatabi.net

数ある有馬の温泉の中でも、やはり一番おすすめは金の湯になるでしょう。
どちらかと言えば高級志向の有馬温泉ですが、誰でも入れる庶民的な湯だからこそ、なお一層有馬温泉の金泉の温もりを味わっていただけると思います。
 
無料で楽しめる足湯もあり、いつもたくさんの人で賑わっています。

 


 
この記事についたキーワード