文芸誌『ニューヨーカー』のアイディアが生まれたNYで最長の歴史をもつ「ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエア」

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエア The Algonquin Hotel Times Square

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアの外観
photo by chez-edmea.blogspot.jp

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアは、タイムズスクエアやロックフェラーセンターの近く、5番街と6番街の間に位置する、ニューヨークで現在も経営中のホテルの中では最長の歴史を持つホテル。

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアの昔の写真
photo by chez-edmea.blogspot.jp

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアのオープンは1902年で、1920年代からはドロシー・パーカーやハロルド・ロスといった文筆家やジャーナリスト達が集まった非公式の文壇サークルが”アルゴンキン・ラウンドテーブル”と呼ばれ、文芸誌『ニューヨーカー』のアイディアが生まれました。

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアのロビー
photo by algonquinhotel.com

インテリアも創業当時の趣を残しており、1987年にはニューヨーク市のランドマーク建築の指定を受けました。

 

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアの名物ネコ マチルダ3世

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアのネコマチルダ3世
photo by algonquinhotel.com

なんといってもジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアの名物といえばネコのマチルダ3世。なんと1930年代から続く伝統として、看板ネコがロビーに宿泊しています。

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアのネコマチルダ3世
photo by facebook.com

最も厚遇されてきた常連客であるマチルダ3世。朝からConde Nast Travelerを眺めるなんて、まさにニューヨーカーの鏡です。

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアの客室
photo by algonquinhotel.com

客室は合計181室。上品さと格式を感じる内装で、なんともクリエイティブなアイディアが湧いてきそうな客室です。

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエア
photo by algonquinhotel.com

多くの著名人が利用した歴史を誇る「ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエア」。ニューヨークに訪れた際にはぜひとも宿泊したいホテルですね。

 

ジ・アルゴンキン・ホテル・タイムズ・スクエアの予約・詳細情報をチェック!

 

おすすめの記事