お得に満喫!セブの5つ星リゾートホテルのビーチで過ごす優雅な休日

常夏の楽園、セブ島。ポストカードのようなエメラルドグリーンの海がそこにはあります。何もせずただひたすら波音を聴き、天国のような景色に身をおいてリラックスする、それだけで見も心も軽くなり癒されていくのが分かります。忙しない日常に追われる私たちには、”何もしない贅沢な時間”が必要なのです。そんな大人の優雅な休日を、5つ星リゾートホテルの「デイユースプラン」でお得に過ごしてみませんか?

Jパーク アイランド リゾート & ウォーターパーク(元インペリアルパレス)のデイユース

Jパークのウォータースライダーphoto by jinkuro

Jパークは白、緑、赤白シマシマのウォータースライダーやたくさんのプールがあり、セブ最大のウォーターパークが子ども連れの家族に大人気のホテルです。ウォータースライダーは全く混んでないのでほとんど並ばずに思う存分滑ることができます。シマシマのスライダーは最後に真っ暗な中をぐるぐる回って滝つぼに落とされるタイプで一番怖いと評判ですが、絶叫系が苦手な筆者は一番シンプルな白でも十分怖かったです。
 
Jパークのデイユースは週末だとビジター3500ペソ(約9700円:2015年4月時点)でした。セブ留学中などで現地に長期滞在している場合、2500ペソ(約7000円:2015年4月時点)で利用することが出来ます。その場合証明となるIDや学生証が必要です。学生証には必ず顔写真が必須だそうですので注意してください。

 
Jパークのビーチphoto by jinkuro

こちらはJパークのビーチです。砂浜はほぼありませんがしっかり泳げて楽しいです。ビーチは少し狭いですが、かなり水深のある沖までいけるので十分遊べます。魚も結構いますのでシュノーケリングセット(1日200ペソ)を借りて泳ぐのも楽しいです。

 
Jパークのプールバーphoto by jinkuro

Jパークのプールの中にはバーカウンターがあり、ビールなどを飲みながらプールを楽しむことができます。流れるプールもあり、そこに浮かんでいる透明な浮き輪は自由に使えます。タオルは1回だけ無料で貸してもらえますが、借りるのにパスポートのコピーなどが身分を証明するものが必要なので忘れないようにしましょう。タオルを返却したらパスポートのコピーも返してくれます。韓国系のホテルなので韓国人が多く、家族で来られている方がほとんどでした。

 

Jパークのランチブッフェphoto by jinkuro

こちらはJパークのランチブッフェ。各国の料理が楽しめます。Jパークのランチブッフェは1ドリンク付き。韓国料理や和食、フィリピン料理など色々な料理が並び、日本語・英語・韓国語で説明が書いてありました。セブでは基本肉と米だけの食事が多く、どうしても野菜不足になるので、ランチブッフェは野菜補給できる格好のチャンスです。デザートもたくさん用意されていましたが、チョコレート系のケーキは重いしどれも同じ味なので気をつけてください。

 

マリバゴブルーウォーターのデイユース

マリバゴブルーウォーターのプールphoto by jinkuro

マリバゴブルーウォーターは5つ星ではなく4つ星ホテルですが、アジアンリゾート感に溢れ、人懐っこいスタッフの方々の笑顔が素敵でとても印象の良いホテルでした。プールも綺麗です。マリバゴのデイユースは平日料金1700ペソ(約4700円:2015年4月時点)、祝日料金で2000ペソ(約5500円:2015年4月時点)でした。

 

セブ島のツアー情報をチェック!

 
 
この記事についたキーワード