淡路の美味を食べつくす「淡路島のグルメなランチ」おすすめランキング

淡路島は知る人ぞ知る味覚の宝庫。海の幸から山の幸まで、なんでもおいしいものが揃っているんです。 淡路島を北から南まで、おいしいものを食べつくしてください。 今回はそんな淡路島で、絶品のグルメランチを楽しめるお店をランキング形式でご紹介します。

淡路島のグルメランチおすすめランキング第1位:淡路ごちそう館 御食国

御食国
photo by monolover.com
淡路牛牛丼
photo by r.gnavi.co.jp

淡路島のおいしいものが食べたかったら、まずはここへ行ってください。
淡路ごちそう館 御食国です。
 
大正時代の赤レンガ倉庫を改装した広いホールでは、淡路島のさまざまな食材を使ったごちそうが集結しています。
おすすめは、淡路牛をたっぷり使った淡路牛牛丼。
淡路玉ねぎと一緒にじっくり煮込まれた淡路牛のバラ肉が、食欲をそそります。
 
淡路ごちそう館 御食国:洲本市塩屋1-1-9

 
淡路ごちそう館 御食国の口コミ・詳細情報はこちら
 

淡路島のグルメランチおすすめランキング第2位:新島水産

 
新島水産
photo by tabelog.com
新島水産
photo by tabelog.com

淡路島で一番おいしい魚が獲れる港と言われているのが、洲本市の南にある由良港です。
その由良に、新島水産はあります。
 
外観はそのまんま、水産加工会社です。お世辞にも、おしゃれな雰囲気はまったくありません。
でもここで食べられる魚介類は、本当に絶品なんです。
目の前の芳醇な海で水揚げされた魚介類を、そのまま浜焼き。とにかく新鮮なその味の虜になった人は数知れずです。
特に夏の一定期間しか獲れない赤ウニは、北海道のウニにも負けないと言われる素晴らしいもの。市場にもほとんど出回らない、ここでしか食べられないものです。
 
新島水産:洲本市由良町由良2581

 

新島水産の口コミ・詳細情報はこちら
 

淡路島のグルメランチおすすめランキング第3位:淡路翁

 
淡路翁
photo by 旅ブログ.com
淡路翁
photo by uecchijoujou.cocolog-nifty.com

淡路翁は、山あいにある集落の民家を改装したお蕎麦屋さんです。
長野県安曇野のお蕎麦屋さんで修業を積んだご主人が、淡路島で理想の場所を見つけてここに開店したそうです。
 
メニューは、皮を剥いた蕎麦粉で打ったざるそばとおろしそば、鴨せいろのみ。これが一番お蕎麦をおいしく食べられるからだそうです。
味は上品で、浸けつゆに使われたかつお節の味がしっかり伝わってきた後に、蕎麦の香りが抜けていきます。
 
その日の分のお蕎麦なくなったら終わりの売り切れ御免のお店ですが、わざわざ行く価値はあるお店ですよ。
 
淡路翁:淡路市小田1157

 
淡路翁の口コミ・詳細情報はこちら
 

淡路島のグルメランチおすすめランキング第4位:食房 NICE(ニース)

ニース

photo by mahalotaka.exblog.jp
生シラスペペロンチーノ
photo by awajishima-namashirasu.com

北淡サンビーチの目の前の、素晴らしいロケーションにある食房 NICE(ニース)
淡路島産の食材をこれでもかと言わんばかりにメニューに取り入れ、オーナーさんの淡路島を思う気持ちが伝わってきます。
 
おすすめは、淡路産の生シラスを使った「黄金しらすと野菜の和風ペペロンチーノ」
柚風味に仕上げた生シラスを淡路製麺製パスタに絡めた絶品です。
 
食房 NICE (ニース):淡路市野島蟇浦157-1

 
食房 NICE(ニース)の口コミ・詳細情報はこちら
 

淡路島のグルメランチおすすめランキング第5位:ステーキハウス Genpei

 
GENPEI
photo by blogs.yahoo.co.jp
GENPEI
photo by blogs.yahoo.co.jp

岩屋港から東へすぐのところにあるステーキハウスGenpei。
カウンターごしに明石海峡が見渡せる、気持ちよいお店です。
ここのおすすめは、なんと言っても淡路ビーフのステーキ。
一定の条件をクリアしないと名乗れない淡路ビーフの希少部位も、ここならしっかり味わえます。
きめ細かなサシの入ったそのお肉は、肉の甘味と旨味の詰まった柔らかいもの。
一番美味しく味わえる焼き加減でサーブしてもらえますよ。
 
ステーキハウス Genpei:淡路市岩屋923-4

 
ステーキハウス Genpeiの口コミ・詳細情報はこちら
 

淡路島のグルメランチおすすめランキング第6位:カモメテラス

 
カモメテラス
photo by blog.livedoor.jp
淡路島カレー
photo by blog.livedoor.jp

カモメテラスは、鳴門海峡を見渡せる小高い別荘地の中にあるお店です。
 
細い道をとことこ登りつめたところにあるそのお店は、気まぐれな看板犬や看板猫が迎えてくれる、あったかい雰囲気のお店。
まるで古い友人の家に遊びに行くような気持ちでくつろげますよ。
 
ここの自慢は、淡路玉ねぎと淡路ビーフを4日間コトコト煮込んで作られた淡路牛カレーと淡路牛のハッシュドビーフ。
どちらも牛肉の旨味がしっかり溶け込んだ、濃厚な味わいです。
付けあわせに出してくれる淡路玉ねぎのピクルスも絶品。
一度行くと必ずもう一度行きたくなるお店です。
 
カモメテラス:南あわじ市阿那賀1603-75

 
カモメテラスの口コミ・詳細情報はこちら
 


 
この記事についたキーワード