国境の島とも呼ばれる「対馬」の観光スポットおすすめランキング

長崎県対馬市は、福岡県と韓国の間に浮かぶ離島で、直線距離だと日本よりも韓国に近く「国境の島」とも呼ばれる市です。海の中へ鳥居が続く神社として有名な「和多都美神社」、リアス式海岸で入り江が複雑に入りこんでいる浅茅湾の様子や複数の島々が海に浮かぶ姿を360度パノラマで楽しめる「烏帽子岳展望台」、ツシマヤマネコの生態を詳しく知ることができる「対馬野生生物保護センター」など、対馬で訪れたい観光スポットのおすすめランキングをご紹介いたします。

対馬の観光スポットおすすめランキング1位「和多都美神社」

和多都美神社
photo by jalan.net

海の中へ鳥居が続く神社として有名な「和多都美神社(わたづみじんじゃ)」。

和多都美神社
photo by hero1945.livedoor.biz

複雑な入り江を持つリアス式海岸に囲まれた浅茅湾の前にひっそりと建てられ、神社の社殿へ一直線に続く五つの鳥居が特徴的な神社です。満潮時は海に鳥居が浮いているような景色を楽しめ、干潮時は五つ目の鳥居まで歩いて行くことができ、違った景色を見ることができます。

和多都美神社
photo by www.asiaatsea.com/

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が祭ってある海宮で、古くから竜宮伝説が残され伝説ムードが漂う神社でもあります。社殿の裏側には遊歩道もあり、巨樹や巨木を見ながら森林浴が存分に楽しめ、夫婦岩と豊玉姫命の墳墓などもあり神秘的な雰囲気を漂わせています。また、磯良の墓伝説のある磯良恵比寿(鱗状の磐座)などもあり、見所満載です。

対馬の観光スポットおすすめランキング2位「烏帽子岳展望台」

烏帽子岳展望台
photo by yurapuka.net

「烏帽子岳展望台(えぼしだけてんぼうだい)」は、リアス式海岸で入り江が複雑に入りこんでいる浅茅湾の様子や複数の島々が海に浮かぶ姿を360度パノラマで見れる展望所です。真珠養殖のいかだが浮かんでいたり、小さな連絡船が行き交う景色も楽しめます。

烏帽子岳展望台
photo by yurapuka.net

駐車場から60メートルほどの坂道になっている遊歩道を登ると展望所につきます



「標高176メートルの烏帽子岳山頂にあり、浅茅湾を北側から眺められる絶景ポイントで、無料の双眼鏡も整備されており、天気が良いと韓国の山並みまで見える場所です。

対馬の観光スポットおすすめランキング3位「対馬野生生物保護センター」

対馬野生生物保護センター
photo by yurapuka.net

「対馬野生生物保護センター」は、ツシマヤマネコの生態を詳しく知ることができる施設です。上対馬から山道を登るため、ややアクセスが悪いですが、ツシマヤマネコの体調次第では、生態展示の一番奥の場所で、実際にツシマヤマネコにエサを与える様子などをガラス越しに見ることができます。

対馬野生生物保護センター
photo by yurapuka.net

小さい規模ですが分かりやすい展示が印象的で、担当の方からツシマヤマネコの生態について聞けるのみ魅力の一つです。

対馬の観光スポットおすすめランキング4位「万松院」

Maikoさん(@katsukatsumaiko)が投稿した写真



「万松院」は、1615年に建てられた対馬藩主・宋家の菩提寺で伊達家や前田家と並び日本三大墓所の一つとされている墓地です。灯篭と石の階段が印象的で132段もある石段は緩やかで歩きやすく、登りきった奥に歴代の対馬藩主の墓がずらりと並んでいるため、歴史を感じる場所でもあります。

서정さん(@gimseojung)が投稿した写真



徳川家に関する資料もあり歴史好きには興味深い資料が多いです。宗家の墓所には3本もの大きな杉の木があり、幹周りが最大250メートルもあり、静かに佇んで墓を見守っている感じにも受け取れます。


 
この記事についたキーワード