九重連山を見渡せる「九重」の観光スポットおすすめランキング

大分県中西部にある「玖珠郡九重町(ここのえまち)」。阿蘇くじゅう国立公園に指定され、長さ約390メートル、高さ173メートルを誇る歩行者専用橋として日本一の高さを持つ「九重夢大吊橋」、1700メートル級の山々が立ち並び、紅葉や霧氷、ミヤマキリシマなどと絶景を楽しめる「九重連山」、標高1100メートルにある日本一大きな地熱発電所「八丁原発電所」など九重で訪れたい観光スポットのおすすめランキングをご紹介いたします。

九重の観光スポットおすすめランキング1位「九重夢大吊橋」

九重夢大吊り橋
photo by blogs.yahoo.co.jp

歩行者専用橋として日本一の高さを持つ「九重夢大吊橋(ここのえゆめおおつりはし)」。

九重夢大吊橋
photo by yumeooturihashi.com

水面より高さ173メートルもありマンションの57階に相当する高さで、長さは東京タワーを横に押したような長さで約390メートルを誇っており一度に体重65キロの大人が約1800人乗っても大丈夫な橋です。標高777メートルもの高さにあり、滝や紅葉などきれいな景色を一望できる橋でもあります。

震動の滝
photo by visit-oita.jp

特に、鳴子川渓谷(なるこがわけいこく)や日本の滝100選にも選ばれており落差83メートルもある「震動の滝」を眺めるには絶景のビューポイントです。雄大な山々やダイナミックな滝を見ながら、マイナスイオンを浴びてリフレッシュできる観光スポットです。

九重の観光スポットおすすめランキング2位「九重連山」

九重連山
photo by blog.goo.ne.jp

阿蘇くじゅう国立公園に指定されている「九重連山(くじゅうれんざん)」。熊本県の阿蘇と共に「九州の屋根」と言われる1700メートル級の山々が立ち並び、紅葉時期はとてもきれいな景色を望めます。

@smilexspaceが投稿した写真



最高峰は標高1,791mの中岳で、西側には久住山系を代表する久住山、中岳、稲星山、星生山、三俣山があり、東側には大船山系を代表する大船山、北大船山、平治岳が連なっており、霧氷を見ることもできるスポットです。

kyさん(@you2q)が投稿した写真



ミヤマキリシマが開花する時期は、一日に数万人の登山者が訪れることもあり、中でも平治岳ではミヤマキリシマの群落を見ることができます。遠くから見ても雄大な山々を感じられ、また登山では四季折々の景色を楽しみつつ、本格的な登山をする事ができるスポットです。

九重の観光スポットおすすめランキング3位「八丁原地熱発電所」

八丁原地熱発電所
photo by world-arrangement-group.com

標高1100メートルにある日本一大きな地熱発電所「八丁原発電所(はっちょうばるはつでんしょ)」。

八丁原地熱発電所
photo by office.env.kitakyu-u.ac.jp

九重連山の地熱地帯で発生している地熱を使って加熱された高温の蒸気を利用して発電をする場所で展示館が併設されており、見学ができます。

九重の観光スポットおすすめランキング4位「牧ノ戸峠」

やまなみハイウェイ
photo by travel.biglobe.ne.jp

九重連山の山麓にある「やまなみハイウェイ」の最高地点である「牧ノ戸峠」(まきのととうげ)」。

牧ノ戸峠
photo by www.360navi.com

登山をする方が久住山への登山口として使う場合が多いのですが、景色が良く標高1333メートルの位置にある牧ノ戸峠に向かって「やまなみハイウェイ」を通るだけでもすてきなドライブを楽しむことができます。展望台からは九重連山や阿蘇五岳が見渡せ、絶景を一望できすスポットです。


 
この記事についたキーワード