• 国内
    ザ・リッツカールトン日光が2020年5月22日(金)にオープン!
  • 旅行ハック
    海外旅行で助ける日本の「大使館・総領事館」について
  • 旅行ハック
    海外旅行に必須!日本の「パスポート(旅券)」について
  • 旅行ハック
    いまさら人に聞きにくい!海外旅行に必要な「ビザ(査証)」について
  • 海外の病院 旅行ハック
    海外旅行で病気になった場合どうする?プロのツアーガイドによるまとめ
  • オセアニア
    大都市と自然。両方の魅力が詰まった「シドニー」の観光スポットおすすめ7選
湖と川を一人占め。夏の避暑地「ウィスコンシン」観光のすすめ

ウィスコンシンリゾート地敷地内キャビンのベットルーム
photo by chickensmoothie.com

リバーリゾートにはコテージがあり、広さは1ベットルーム、キッチン、リビング、パティオと少人数の旅行でしたら充分な広さです。
 
コテージは、5月中旬から夏場にかけては1泊の料金は120ドルとなっています。また、人数が多い場合でも、2ベットルームや3ベットルームのコッテージが利用可能で、料金は1泊$275からとなっています。

 

アドベンチャーリゾート

ウィスコンシン州ペスティコ川の風景
photo by toddtaylor.com

アドベンチャースポーツ、ラフティングに挑戦したいという方には、とっておきの場所、ワイルドマン・アドベンチャーリゾートをお勧めします。中西部でのラフティングといえば、この場所といっても良いほどにラフティングの環境と条件が揃っています。
 
このリゾートの近くを流れるぺスティゴ川はウィスコンシン州の北東部を流れ、川の流れや勢いを含め、最高のラフティングを体験出来るコースになっています。初心者でも事前にしっかりと係員が責任をもって指導してくれるので、必ずといって良いほど楽しい滑りを体感できるでしょう。
 
また、アドベンチャーパッケージなどもあり、ラフティングだけでなく川を満喫したいという方には魅力的な場所です。

 
ウィスコンシンリゾート地キャビン内ベットルーム
photo by travelwisconsin.com

このベンチャーリゾートの近くには、たくさんのキャンピング場やロッジがありますので、お好みに合わせて滞在が可能です。
 
また、人数によってロッジの広さを選択でき、1ベットルームは1日150ドルから(週末料金は一日215ドル)、3ベットルームは215ドルから(週末料金245ドル)になっています。ロッジは清潔なキッチンが完備されていますので、お好みの食材で楽しくお料理も出来ます。

 

日暮れ時の湖へ

アメリカのウィスコンシン州にる夕暮れ時の灯台photo by philipschwarzphotography.wordpress.com

夕刻、一日の終わりに水辺をのんびりと散歩してみるのも良いでしょう。オレンジ色に染まった夕刻の湖は、短い時間ですが、とても神秘的な顔をあなただけに見せてくれるかもしれません。
 
今年の夏は、ウィスコンシンで素敵な夏のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

関連キーワード
北米の関連記事
  • 伝統とアート、ハワイのおもてなしを感じるホテル「プリンス ワイキキ」
  • ディナーに行くならココ!ハワイのレストランおすすめランキング
  • 南国の風に吹かれながら味わいたい「ハワイの美味しくてオシャレな朝ごはん」おすすめ8選
  • リピート率ナンバーワン! 常夏の楽園「ハワイ」の観光スポットおすすめランキング
  • 未知なる世界への入り口?世界の不思議な洞窟10選
  • 死ぬまでに全て降り立ちたい!世界の素晴らしき駅ベスト30
おすすめの記事