• 旅行ハック
    格安航空サービス「LCC」って何だろう?
  • 海外の病院 旅行ハック
    海外旅行で病気になった場合どうする?プロのツアーガイドによるまとめ
  • オセアニア
    大都市と自然。両方の魅力が詰まった「シドニー」の観光スポットおすすめ7選
  • 旅行ハック
    海外旅行で助ける日本の「大使館・総領事館」について
  • 旅行ハック
    海外旅行に必須!日本の「パスポート(旅券)」について
  • 国内
    ザ・リッツカールトン日光が2020年5月22日(金)にオープン!
【ニューヨーク新規グルメ】これぞニューヨーク!の詰まった「デビッド・バーク・ファブリック」

デビッド・バーク・ファブリック David Burke fabrick

デビッド・バーク・ファブリックがあるアーチャー・ホテル・ニューヨーク
photo by glenandcompany.com

マンハッタンの中心地、ミッドタウン。ニューヨーク市立図書館やブライアント・パークから数ブロック南に歩いた先に、ブラックをデザインアクセントに効かせたモダンな外観のブティック・ホテル、「アーチャー・ホテル・ニューヨーク(Archer Hotel New York)」がある。

 
デビッド・バーク・ファブリックのロゴ
photo by twitter.com

2014年5月に開業したばかりのこのホテルの1Fに併せてオープンしたのが、「デビッド・バーク・ファブリック」。1980年代からニューヨークだけでなく、アメリカのレストラン業界を牽引してきたカリスマシェフ率いる、「デビッド・バーク・グループ」による新レストランだ。

 
デビッド・バーク・ファブリックの店内
photo by newyork.com

赤やブルーのチェアーと黄色いソファーが目を引く店内は、レトロでスタイリッシュな印象。レストランのコンセプトとメニューを手がけたデビッド・バークが今回フィーチャーしているのは、スナックやスモール・プレート料理、メインディッシュからデザートに至るまで、洗練さと遊び心に満ちたモダン・アメリカンの品々だ。

 
デビッド・バーク・ファブリックのシェフと料理
photo by nytimes.com

例えば、アボカド・パンナコッタ(16ドル)。ワカモレ、溶けたペッパージャックチーズ、ブルートルティーヤチップスを使ったこのメニューは、馴染みがありつつも、病み付き度満点といった味で、さながらナチョスのアップ・グレード版。他にも、キヌアとスイカ、生ハム、トマトのスライス、クリーミーなブッラータチーズをビルのように積み重ねたサラダ(18ドル)、エンパイアステートビルのクッキーを添えた(!)デザートのタルトなど、サーブされるのは見るのも味わうのも楽しい料理ばかり。

 
デビッド・バーク・ファブリックで食事をする人々
photo by m.theepochtimes.com

世界中から人の集まるニューヨークは、世界中の味覚の集まる街だ。デビッド・バーク・ファブリックが目指すのは、その名の由来にもなっている通り、「ニューヨークとニューヨークの料理を絡めてファブリック(fabric)を作る」こと。様々な食文化をミックスさせるフュージョン(多国籍)料理ではなく、一つ一つの料理に特徴を持たせたメニューは、ニューヨークというユニークな街を表現するのに充分だろう。

 

デビッド・バーク・ファブリックの公式サイトをチェック!

 

関連キーワード
北米の関連記事
  • 伝統とアート、ハワイのおもてなしを感じるホテル「プリンス ワイキキ」
  • ディナーに行くならココ!ハワイのレストランおすすめランキング
  • 南国の風に吹かれながら味わいたい「ハワイの美味しくてオシャレな朝ごはん」おすすめ8選
  • リピート率ナンバーワン! 常夏の楽園「ハワイ」の観光スポットおすすめランキング
  • 未知なる世界への入り口?世界の不思議な洞窟10選
  • 死ぬまでに全て降り立ちたい!世界の素晴らしき駅ベスト30
おすすめの記事