• オセアニア
    大都市と自然。両方の魅力が詰まった「シドニー」の観光スポットおすすめ7選
  • 旅行ハック
    格安航空サービス「LCC」って何だろう?
  • 国内
    ザ・リッツカールトン日光が2020年5月22日(金)にオープン!
  • 旅行ハック
    いまさら人に聞きにくい!海外旅行に必要な「ビザ(査証)」について
  • 旅行ハック
    海外旅行に必須!日本の「パスポート(旅券)」について
  • 海外の病院 旅行ハック
    海外旅行で病気になった場合どうする?プロのツアーガイドによるまとめ
ベルリンで伝統と革新を感じる「ホテル・アドロン・ケンピンスキー」

ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinski

ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiの外観
photo by jp.lhw.com

ドイツの首都ベルリン。東西ドイツが統合される以前、もっと正確にいうと、ドイツが東西に分断される前から営業している老舗ホテル、それが「ホテル・アドロン・ケンピンスキー」です。
 
1907年に営業開始したこの名門ホテルは、100年以上の歴史と伝統を誇っており、ドイツはもちろんヨーロッパでも有名です。豪華なエレガンスと王族のようなホスピタリティーをイメージさせるホテルです。
 
ベルリンの象徴としても有名なブランデンブルグ門の真横にあり、最高の立地条件を誇っています。そんなベルリンの中心部に位置するだけに、マダムタッソー蝋人形館、ブランデンブルク門、国会議事堂へは、徒歩で簡単に行かれますし、ポツダム広場、ジャンダルメンマルクトも 1 km 以内の至近距離にあります。
 
マレーネ・ディートリッヒ、チャップリン、アインシュタイン、トーマス・マン、ヴィルヘルム二世、など、キラ星のごとく輝く著名人が滞在したことでも知られています。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiのロビー
photo by jp.lhw.com

中に入ると、上質な素材、形や色など全てがゴージャスな造りになっていて、至るところから魅力のオーラが発散されているようです。
 
また、伝統的な中にもどこかモダンさを感じさせる雰囲気です。大まかな造りは伝統を感じさせるものですが、色合いや小物などには現代的なセンスを漂わせており、歴史とモダンが見事に融合されているのはさすがです。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiの客室
photo by jp.lhw.com

ホテル・アドロン・ケンピンスキーのお部屋のタイプは以下のようなラインナップになっています。
 
■デラックス ルーム
最大定員数: 宿泊者 3 名 (最大 お子様 2 名、乳幼児 2 名)

■ジュニア スイート
最大定員数: 宿泊者 3 名 (最大 お子様 2 名、乳幼児 2 名)

■エグゼクティブ スイート
最大定員数: 宿泊者 3 名 (最大 お子様 2 名、乳幼児 2 名)

■ベルリン スイート
最大定員数: 宿泊者 3 名 (最大 お子様 2 名、乳幼児 2 名)

■リンデン スイート
最大定員数: 宿泊者 3 名 (最大 お子様 2 名、乳幼児 2 名)

■スーペリア デラックス ルーム
最大定員数: 宿泊者 3 名 (最大 お子様 2 名、乳幼児 2 名)

■エグゼクティブ ルーム
最大定員数: 宿泊者 2 名 (最大 お子様 1 名、乳幼児 1 名)
 
中でもブランデンブルグ門が見たいという人には、プレジデンシャルスイートがおすすめです。
部屋からブランデンブルグ門が見えるのはもちろんですが、このタイプにはプライベートサウナや暖炉まで整えられているという充実ぶりです。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiの客室
photo by jp.lhw.com

広い客室への宿泊希望の方には「ロイヤル1ベッドルームスイート」。
 
広さはなんと220平方メートルというゆったりスペースで、ワーキングオフィスにキチネットまでついています。窓から、ポツダム広場を見ることもできます。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiのレストラン
photo by jp.lhw.com

レストラン「ロレンツ・アドロン・エスツィマー」では、ミシュランで2つ星を獲得したシェフ、ヘンドリック・オットーが提供する、ヨーロッパテイストの高級料理を味わうことができます。
クラシックなフレンチはもちろんのこと、革新的な料理もいただけます。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiのレストラン
photo by jp.lhw.com

変り種なのが「馬レストラン」です。
 
馬肉が食べられるレストランというのではなく、モンゴル帝国の馬のオブジェが中央に鎮座していることから名づけられました。
賑やかな雰囲気の中でモダンな和食をいただくこともできます。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiのレストランのテラス席
photo by jp.lhw.com

「レストラン・カレ」では、夏になるとテラス席も用意されます。
テラス席からは、ブランデンブルグ門も大迫力で眺められます。

 

photo by agoda.net/

ブ・ラウンジは、まるで異次元の世界に踏み入れたようなゴージャスな雰囲気です。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiのスパ
photo by jp.lhw.com

「アドロン・スパ・バイ・リセンス」では、アーユルヴェーダのトリートメントを楽しむことができるなど、施術の内容はバリエーションに富んでおります。

 
ホテル・アドロン・ケンピンスキー Hotel Adlon Kempinskiと外観
photo by jp.lhw.com

ベルリンで優雅なひとときを過ごしたいなら「ホテル・アドロン・ケンピンスキー」は間違いのないホテルです。
 ベルリンに滞在の際には、是非選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ホテル・アドロン・ケンピンスキーの宿泊予約・詳細情報はこちら

 

関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • オランダでの子育て
    子育て世代から見るオランダでの現地生活あれこれ
  • 死ぬまでに行きたい!世界のベストアイランド10選
  • 地球を感じる極寒ダイビング!世界中のダイバーを虜にする地球の割れ目「シルフラ」
  • 未知なる世界への入り口?世界の不思議な洞窟10選
  • 死ぬまでに行きたい世界の絶景:アイスランドの滝「セリャラントスフォス」
  • 自然大国アイスランドを満喫しきる上品なデザインホテル「イオン・ラグジュアリー・アドベンチャーホテル」
おすすめの記事