人にあげちゃうともったいない?城崎温泉のお土産おすすめランキング

城崎温泉を代表するお土産といえば、やはり冬場のカニを語らないわけにはいきません。 でもそれ以外にも、実はここでしか買えない一点もののおもやげがたくさんあるんです。しかもそれぞれ銘品ばかり。 今回は城崎温泉でぜひ見ていってもらいたい、おすすめのおみやげをランキング形式でご紹介します。

城崎温泉お土産おすすめランキング第1位:津居山蟹

 
津居山蟹
photo by www.tango-himonoya.com
津居山蟹
photo by onsenyado.sakura.ne.jp

冬の城崎の味覚の王者が、地元の津居山港で水揚げされるズワイガニ「津居山蟹」です。
 
有名な京都の間人(たいざ)蟹と同じく、その日に獲ったカニを当日中に水揚げする「日帰り操業」を行っており、近年では間人蟹にも肩を並べるブランドガニとして注目を集めています。
カニは鮮度が命と言われていますので、近海から水揚げされたばかりのカニは臭みもなく、旨味がぎゅっと濃縮された一級品と言われています。
極上のカニをぜひおみやげにしてください。

 
 

城崎温泉お土産おすすめランキング第2位:イカの一夜干し

 
津居山いか
photo by www.jftajima.com

カニが冬の王者なら、夏場のおすすめのお土産が、イカの一夜干しです。
 
城崎のはずれにある津居山港近辺では、たくさんのスルメイカが天日干しされています。
そのまま食べてもさっとあぶってもおいしいのですが、意外な食べ方が天ぷらだそうです。
閉じ込められていたイカの旨味が熱でぱっと広がり、柔らかくなってとても食べやすくておいしいそうですよ。

 

城崎温泉お土産おすすめランキング第3位:麦わら細工

 
麦わら細工
photo by es2014.kinosaki-onpaku.jp
麦わら細工
photo by www.hyogo-tourism.jp

麦わら細工は、日本でも城崎だけに伝わる伝統工芸品です。
 
色とりどりに彩色された麦わらを木の箱や独楽に張り付けていき、見事な模様を作り上げていきます。
城崎麦わら細工伝承館では、麦わら細工のはがきや竹とんぼ、独楽作りを体験できますので、それもいいお土産になりますね。

 
 

城崎温泉お土産おすすめランキング第4位:城崎の地酒

 
地酒
photo by sakezo.jp
竹泉
photo by item.rakuten.co.jp

城崎で飲まれる地酒は、多くの食通をもうならせるもの。ほとんど地元で消費されてしまうので、ほかでは買えない銘酒がそろっています。
 
一番おすすめしたいのが「香住鶴」と「竹泉」
「香住鶴」は、ほのかなフルーツのような香りが楽しめる、優しいお酒。お魚の生臭さを消してくれる柔らかい味が特徴です。
「竹泉」は、純米酒にこだわった、辛口のどっしりした味のお酒。お燗にすると華やかな香りが口いっぱいに広がります。
どちらも日本酒の印象を変えてくれる、おいしいお酒です。

 

城崎温泉お土産おすすめランキング第5位:角谷製菓 かなめ

 
角谷藤兵衛
photo by www.kinosaki-spa.gr.jp
かなめ
photo by www.tsuruya-dept.co.jp 

かなめは、角谷製菓さんで作られているかにせんべいです。御所の湯の近くにある、「角谷藤兵衛」で購入することができます。
 
生地の70%以上にズワイガニのすり身を練りこみ、一度焼いた後に10日かけて熟成させ、もう一度焼き上げることで仕上げられます。こうすることで、素材の旨味を十分に引き出すんだそうです。
これが本当においしいんです。ぜひ一度試していただきたい逸品です。

 
 

城崎温泉お土産おすすめランキング第6位:豊岡かばん

 
豊岡かばん
photo by www.toyooka-kaban.jp
jimukyoku0701[1]
photo by mottainai.info

城崎温泉のある豊岡市は、かばんの産地としても知られています。
中でも厳正な審査を経て認定された製品だけが「豊岡かばん」を名乗ることができます。
見えないところまで丁寧に縫製されたこだわりの逸品は、まさに一生もの。信頼の証の永久保証付きで、修理しながら永く使っていただけます。
生地や金具、デザインなど、すべてオリジナル。オーダーもできますので、世界で一つだけの自分のかばんを作ることもできますよ。


 
この記事についたキーワード