名峰・谷川岳に手が届きそうな全室露天風呂付きの絶景宿「別邸 仙寿庵」

麗しい姿で多くの登山者を魅了し、近年はロッククライミングの聖地としても人気の谷川岳。その麓にある「別邸 仙寿庵」は、手を伸ばせば名峰に手が届きそうなほどの絶景のロケーションに位置しています。。プロフェッショナルな気配りが嬉しい日本旅館の由緒正しいおもてなしの心にひとたび触れたら、きっとまた足を運びたくなる…そんな奥深い魅力に溢れた宿です。

別邸 仙寿庵

604_01
photo by ikyu.com
麗しい姿で多くの登山者を魅了し、近年はロッククライミングの聖地としても人気の谷川岳。その麓にある「別邸 仙寿庵」は、手を伸ばせば名峰に手が届きそうなほどの絶景のロケーションに位置しています。
 
YL2H6517_s
photo by ikyu.com
新緑の清々しい季節をはじめ、緑深い夏や燃えるような紅葉が美しい秋、そして白い世界が眩しい冬と、季節ごとに来客の目を楽しませてくれる自然は、宿の大いなる魅力の1つ。
 

604_05
photo by ikyu.com
雄大な自然に溶け込むように配された全18室の客室は、畳の香りが懐かしい純和室タイプから、和の落ち着きとベッドなどの使い勝手の良さを兼ね備えた和洋室、モノトーンを基調としたシックでモダンな洋室まで様々なタイプがあり、好みに合わせて選べます。
 

604_08
photo by ikyu.com
すべての部屋に露天風呂が付いていますが、それがなんとももったいないくらいにゆったりとした広さ。
 
美しい谷川岳を眺められる設計で、朝に晩に色彩や印象を変える天然の絵画を眺めながらの湯浴みは、心の奥底からの癒しになるに違いありません。
 

604_07
photo by ikyu.com
中でもこの旅館の最上クラスである特別室は、正統派の日本旅館の美しさと気品にあふれています。
 

604_06
photo by ikyu.com
歴史ある神社仏閣を思わせる丸窓から庭の草木を眺めるのも一興。室内に目を向けると、心がすっと落ち着つく簡素な美をたたえた茶室や、随所に職人たちの見事な仕事を感じる襖や障子など、隅々にまで宿の誇りと心意気が感じられます。
 

604_10
photo by ikyu.com
宿随一の絶景が臨める温泉露天風呂のほか、岩盤浴室も備えていますので、マイナスイオンがいっぱいの中で、心身ともにリフレッシュ&デトックスができそうですね。
 

604_12
photo by ikyu.com
部屋風呂のほか、「ほたるの湯」「すずむしの湯」など風流な名がついた大浴場も完備。神経痛や婦人病などに効能があるという源泉100%の温泉を心ゆくまで満喫するうちに、旅館だからこそ味わえる魅力をしみじみと感じるでしょう。
 

604_13
photo by ikyu.com
温泉で温まったら、野趣あふれる庭園を散策するのも楽しいもの。
 
大人の秘密基地を思わせる「木々に囲まれた読書ルーム」で、読書に耽れば心の安息になることでしょう。
 

604_14
photo by ikyu.com
澄んだ空気の中で受けるエステもまた至極の時間。フェイシャルからボディ、メンズメニューと幅広く用意されていますのでお好みのトリートメントで存分にリフレッシュしてください。
 

604_16
photo by ikyu.com
食事処での晩餐もまた、旅を楽しくしてくれる重要なポイント。料亭を訪れたかのような粋な個室や半個室を思わせる食事処は、プライベート感を大切にしており、人目を気にすることなくゆったりとくつろぎながら食事を楽しめます。
 

604_15
photo by ikyu.com
もちろん食材も群馬県の豊かな土壌が育む逸品ぞろい。
 
最高級のニジマス「ギンヒカリ」や、みなかみ町のブランド米「水月夜」をはじめ、鮮度抜群の野菜や安心安全な素材を趣向を凝らした献立にしたてます。
 
素材の旨みを引き出す繊細な出汁との調和とともに、季節感を繊細に描き出す日本料理は、口に運ぶたびに「口福」を感じることでしょう。
 

604_02
photo by ikyu.com
さりげないけれど随所にゲストへの愛情が行き届く宿「別邸 仙寿庵」。プロフェッショナルな気配りが嬉しい日本旅館の由緒正しいおもてなしの心にひとたび触れたら、きっとまた足を運びたくなる…そんな奥深い魅力に溢れた宿です。

 

別邸 仙寿庵の宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 
 
 
記事提供・協力:一休.com
 
<宿の基本情報>
別邸 仙寿庵 (群馬県/谷川) [全18室]
所在地:〒379-1619 群馬県利根郡みなかみ町谷川614
アクセス:水上駅より送迎バスで8分(要予約)
参考料金:1泊2名 夕朝食付 70,976円~ ※2016/8 時点


 
この記事についたキーワード