【世界遺産】ジブリ映画の舞台になったアドリア海の真珠と呼ばれる美しすぎる街「ドブロブニク」

ジブリ映画『紅の豚』のモデルになったと言われているおとぎ話のような赤い屋根が続く世界遺産登録されて街といえばクロアチアの「ドブロブニク」。アドリア海の真珠とも呼ばれる美しすぎる街並をご紹介します。

ドブロブニク

ドブロブニクの風景
photo by Mike McHolm

ドブロブニクは、クロアチア、アドリア海沿岸のダルマチア最南部に位置するドブロブニク=ネレトヴァ郡の郡都です。
クロアチアの世界遺産でもあり、「自由」を掲げて千年の独立を勝ち取った歴史を持つ街です。
1991年のユーゴスラビア内戦の中で破壊され、ユネスコの危機遺産リストに載せられましたが、市民の手で再建されました。
そうした努力が実を結び、内戦終結から3年後の998年、ドブロブニクの街はその美しさを取り戻し、危機遺産から脱したのでした。

 
ドブロヴニクの風景
photo by genalyn.com

ドブロヴニクはアドリア海に面した大変美しい港町です。
13世紀以降に地中海交易の拠点として栄えました。
 
現在、ドブロブニクは観光地としても欧州で人気第1位となることなどで、現地では物価や周辺地域の地価に至るまで上昇しています。

 

ドブロヴニクの風景
photo by genalyn.com

海と山に挟まれた地形で、山肌に沿うように白い壁とオレンジ色の屋根が美しい家々が立ち並びます。

 

ドブロヴニクの風景
photo by genalyn.com

大変美しいドブロヴニクの街の中でも、特に有名なのは、やはり海に突き出すように存在する旧市街です。

 

ドブロブニクの風景
photo by gari.baldi.com

1979年に世界遺産に登録されたドブロブニクの旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇り、多数のクルーズ船が寄港する他、地中海各都市とフェリーで結ばれドブロブニク=ネレトヴァ郡の中心都市となっています。

 

ドブロブニクのツアー情報をチェック! 
 
この記事についたキーワード