東京・軽井沢・伊勢に話題のホテルが誕生!注目の最新宿おすすめ3選

ホテルや旅館の進化が加速しています。個性いろいろ。今すぐ泊まりたくなる、話題の最新宿。早速、この夏休みにでも出かけてみませんか。これまでにはなかったようなコンセプトを持つ、今最も注目を集めている最新宿をご紹介しましょう。

東京の中心、大手町に誕生した「塔の日本旅館」
星のや東京(東京/大手町)<7/20(水)開業>

2344_01
photo by ikyu.com
星のや5軒目となる日本旅館。
 
誕生したのはなんと東京のど真ん中、大手町。日本の政治経済と中心地といっても過言ではないその場所に、日本文化の真髄を味わえる旅館「星のや東京」が、7月20日に開業しました。
 

2344_08
photo by ikyu.com
軽井沢や京都など、広い敷地を有する先達の星のやとは異なって、周りを囲むのは超高層ビルばかり。そんな中に作られた星のや東京は、まるで塔を思わせるような18階建てのビル! 
 
そのビル1棟をまるごと日本文化の真髄を堪能できる旅館としたのですから、驚き以外のなにものでもありません。
 

日本のくつろぎを提供する

2344_07
photo by ikyu.com
星のや東京では到着後、まず靴を脱ぎます。それまで纏っていた鎧も何も脱ぎ捨てて心からくつろぐ…。それこそが、日本文化のもてなしの根底にあると考えているからです。
 
2344_04
photo by ikyu.com
畳敷の廊下。木編みの壁。無駄を削ぎ落としたシンプルな内装はハッとするほど美しく、くつろぎの邪魔をすることがありません。
 

2344_03
photo by ikyu.com
快適さにこだわった客室は3タイプ。それぞれに洗い場と深い浴槽のある浴室を備えたほか、各階に専用の「お茶の間ラウンジ」、スパ、強塩温泉の天然温泉まであって、徹底して日本らしさを貫いています。
 

2344_02
photo by ikyu.com
食事は館内にあるダイニングを予約して利用しても、外に出て楽しんでもOK。世界の美食が集まる東京なら、必ず好みの味に出会えるでしょう。
 
日本の伝統文化に「星のや」ならではのエッセンスを加えた、日本の真ん中の日本の旅館。海外から訪れるゲストには、なおさら喜ばれることでしょう。
 
<宿の基本情報>
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1
アクセス:東京駅 丸の内中央口より徒歩10分
参考料金:1泊2名 74,000円~ ※2016/7 時点
 

星のや東京の宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島

10659329
photo by ikyu.com
食を通じて日本にヨーロッパ文化を発信してきた「ひらまつ」。
 
そのホテル事業部が手がける第1号のホテル「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島」が、7月15日にオープンしました。
 

10650228
photo by ikyu.com

2313_02
photo by ikyu.com

コンセプトはヨーロッパの旅館。位置するのは英虞湾の絶景を一望できる賢島です。
 
まるで美術館や博物館を思わせるようなスタイリッシュな外観からは、そこが「旅館」であることをイメージするのはなかなか難しいかもしれません。
 

2313_04-1
photo by ikyu.com
館内も斬新な木使いで、アーティスティックな雰囲気。しかもタラソテラピーが受けられるスパがあったり、水盤の中に貸切露天風呂が設けられていたり、かなりデザインコンシャスな空間です。
 

ひらまつのマインドを受け継ぐ料理

2313_04
photo by ikyu.com
料理の腕をふるうのは、「ひらまつ」の東京とパリで経験を積んだ今村将人氏。
 
伊勢海老やフグ、アワビなど、伊勢志摩の豊かな食材をオリジナリティあふれる感性で仕上げています。
 

2313_02-コピー
photo by ikyu.com
「ひらまつ」仕込みの技術と伊勢志摩の食材、そしてレストランで培った全国生産者とのコネクションを通じて取り寄せる最高の食材を使った料理をゆっくり泊まって味わえるのは、旅先の大きな喜びとなるでしょう。
 

2313_03-コピー
photo by ikyu.com

客室はわずか8室。杉板をブラインドのように並べ、柔らかな光を取り入れた部屋、英虞湾に向かってベッドと温泉風呂を直線状に並べた部屋など、個性的なユニークな造りとなっています。
 
2313_01
photo by ikyu.com
このホテルを舞台にどんな「MADE IN JAPAN」のもてなしが受けられるのか、訪れるのが本当に楽しみです。
 
所在地:〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3618-52
アクセス:近鉄特急賢島駅より送迎あり
参考料金:1泊2名 夕朝食付 140,700円~ ※2016/7 時点
 

HE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島の宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 

世界のマリオットのサービスを軽井沢でも
軽井沢マリオットホテル(長野/軽井沢)<7月29日(金)>

2317_01
photo by ikyu.com
避暑地として知られる軽井沢。なかでも緑豊かな中軽井沢エリアに、7月29日(金)、軽井沢では初の外資系ホテルとなる「軽井沢マリオットホテル」がオープンします。
 
2317_03
photo by ikyu.com
「ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢」を全面改装し、リブランドしてのオープンで、客室はホテル棟76室、温泉付きのコテージ棟4室の、計80室。ほかに天然温泉、フィットネスセンターなどを備えています。
 
マリオットといえば、50カ国に500軒のホテルなどを展開する世界的なホテル。その世界レベルのサービスを軽井沢でも受けられるとなれば、旅慣れたビジネスマンや外国人観光客はもちろん、日本人にとっても大きな魅力でしょう。
 

選べるメインディッシュとブッフェを組み合わせたランチ&ディナー

2317_02
photo by ikyu.com
レストラン「Grill&Dining G」は東京マリオットホテルにあるレストランの姉妹店。洗練されたサービスや空間などに、マリオットのコンセプトが生かされています。
 
ここで味わえるのは、今話題の熟成肉を中心としたグリル料理や、地元の契約農家から届く新鮮な野菜などを使ったリゾート感あふれる軽井沢料理。
 

2317_06
photo by ikyu.com
ランチ、ディナー共に前菜、サラダ、デザートはブッフェで、メインディッシュは出来立てが味わえるスタイルです。
 
3oz、6oz、9ozなど、好みの量のワインがいただけるマリオットならではのグラスワインサービスや、オリジナルカクテルなどは、軽井沢でももちろんOK。
 

2317_05
photo by ikyu.com
今後さらに、敷地内に温泉露天風呂付き客室56室などがオープンする予定だそうで、軽井沢のホテルシーンが大きく変わりそうです。
 
所在地:〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
アクセス:北陸新幹線軽井沢駅よりタクシー約15分
参考料金:1泊2名 36,352円~ ※2016/7 時点
 

軽井沢マリオットホテルの宿泊予約・口コミ・詳細情報はこちら

 
 
 
記事提供・協力:一休.com


 
この記事についたキーワード