インド最大の経済都市「ムンバイ」の観光スポットおすすめ4選

混沌と喧騒の国インド。そんな一瞬も立ち止まらないインド最大の経済都市ムンバイのおすすめ観光スポットをご紹介します。

ムンバイのおすすめ観光スポット

ムンバイ 駅
photo by www.spacelinedental.com 

ムンバイのおすすめ観光スポットは、市内中心部ですとインド門、ドービー・ガート、ガンジー博物館、ムンバイの寺院などです。
 
ムンバイ郊外まで足を延ばすと、エレファンタ島(エレファンタ石窟群)、カンヘーリー石窟群などたくさんの見所があります。

 

インド門

インド門 ムンバイ
photo by www.geocities.co.jp 

ムンバイ湾に面して埠頭の先端に立つどっしりとした門がインド門です。ムンバイ観光のハイライトの一つ・エレファンタ島への玄関口にもなります。
 
インド門は1911年にキング・ジョージ5世の来印を記念して建造され、1924年に完成しました。かつて植民地支配の象徴だったインド門も今では、地元の親子連れやカップル達の憩いの場となっています。

 

ガンジー博物館

ガンジー博物館
photo by ezorisu.jp

ガンジーがムンバイで滞在していた家が博物館になっています。こじんまりとした博物館ですが、なかなか見応えがあります。
 
じっくりみてまわって30分から1時間くらいでしょうか。1階は彼の著書や関連書籍のある図書室です。3階にはガンジーの滞在した部屋と遺品が展示されています。

 

エレファンタ島

エレファンタ島
photo by images.fineartamerica.com 

エレファンタ島はムンバイの北東9km、ムンバイ湾の真ん中に浮かんでいます。島へはインド門裏手より船が出ており、約1時間の船旅です。
 
5~8世紀に、この島を修行の場とした僧侶たちが造ったものです。石窟はヒンドゥー教の神シヴァを祀ったもので、16世紀に発見したポルトガル人によって残念ながら石窟の多くが破壊されています。
 
しかし、第一窟は破壊を免れており、シヴァの結婚や踊るシヴァの像、巨大な三面上半身像を見ることができます。
1987年世界文化遺産に登録されています。

 

カンヘーリー石窟群

カンヘーリー石窟群
photo by tabisuke.arukikata.co.jp 

ムンバイ中心部から車でおよそ1時間。サンジャイ・ガーンディー国立公園内にある仏教石窟寺院群です。
 
公園入口から石窟までは7kmほどの所にあるので、タクシーかオートリクシャーを利用したほうがいいでしょう。
 
カンヘーリー石窟寺院は、1世紀ごろより僧侶たちに修業の場所として選ばれてきた地です。エレファンタ石窟群の豪華さとはまた違う、厳粛な雰囲気がただよいます。
 
石窟は全部で109あり、風化しているが、第2窟と第3窟の保存状態がよく、内部の仏塔および入口付近の婦人像などがよく残っています。西インドの 仏教を知るにおいてかかせないスポットです。

 


 
この記事についたキーワード