マハラジャ気分を存分に味わうことができる「ウメイド・バワン・パレス」

インド北西部の別名ブルーシティーと呼ばれているジョードプルには、「ウメイド・バワン・パレス」があります。 マハラジャが私財を投じて建設した素晴らしきマハラジャホテルをご紹介致します。

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palace

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceの外観
photo by babitatours.com

インドの北西部には、ラージャスターン州があります。
一年中太陽が降り注ぐ広大なタール砂漠の入り口にある町、ジョードプル。
ラージャスターン州にはジャイプールという街があり、そこは「ピンクシティー」の別名がありますが、同じ州にあるジョードプルは別名「ブルーシティー」と呼ばれています。
旧市街の家屋の壁が青く塗られていることに由来したものです。
そんなジョードプルには、「ウメイド・バワン・パレス」というホテルがあります。
ジョードプル空港より車で約15分、空港送迎サービス (有料)もあります。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceの庭園風景
photo by kiwicollection.com

1928年から1943年の間にこのホテルは建設されました。
ウメイド・バワン・パレスが他と異なるのは、現在も尚マハラジャの邸宅であり続けているということです。
その為、建物の半分がホテルとして営業されています。
ホテル敷地内の庭は、非常によく手入れがされていて、庭園とジョードプルの街並みの風景は、このホテルに見事な彩りを与えています。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceのロビー
photo by kiwicollection.com

ホテル内部は非常にゴージャスな雰囲気で、美術館のような美しい壁画で装飾されています。
まるで宮殿内部のようなエントランスやロビーは、訪れる人を一瞬にしてマハラジャ気分にさせます。

 

ウメイド・バワン・パレスのロビー2
photo by www.pursuitist.in 

エントランスロビーです。
宮殿の内装や家具は、アールデコ様式を取り入れており、細部にわたるまで贅の限りを尽くした見事な装飾ばかりです。
また、ホテルのスタッフは皆王族の召使のような素敵なコスチュームに身を包み、恭しいサービスでもてなしてくれます。
まさに驚きに満ちた素晴らしい宮殿ホテルなのです。

 

客室
photo by www.expedia.co.jp 

客室のほとんどにはバルコニーが備わり、緑の芝が美しい庭園とメヘラーンガル砦を望むことができます。
広大な敷地に建つ巨大な宮殿は、約50分のパレスツアー(館内ツアー)に参加してお気に入りの場所を見つけるのも楽しいですね。
全室インターネット接続(無料無線)、DVD プレーヤー、新聞 (無料)、ボトルウォーター (無料)、デザイナー バスアメニティの用意があります。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceの客室
photo by hotelsandtravelsinfo.com

数ある客室の中でも最も豪華な客室は、「マハラニ・スイート」でしょう。
広さは実に400平方メートル以上にも及びます。
アールデコ調の内装が今なお残っています。
開放的なテラスもありますので、テラスからは美しい庭を眺められますし、キチネットもありますのでちょっとした料理ならばここでも可能です。

 

ウメイド・バワン・パレスのバスルーム
photo by www.booking.com

ゴージャスなバスルームです。バスタブもあります。
バラの花びらが浮かべられ、映画のワンシーンに使われそうな雰囲気です。
優雅なバスルームで旅の疲れをゆっくりと癒すことが出来ます。

 

ウメイド・バワン・パレスのレストラン
photo by www.booking.com 

素晴らしい庭を眺めながら食事をとることが出来ます。
ホテル内には孔雀やリスがおり、時々ご相伴にあずかろうと傍によってくることもあるそうです。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceのレストラン
photo by kiwicollection.com

このホテルにはいくつかのレストランがありますが、「リサラ」は何といってもその絶景が自慢です。
自慢の庭園とジョードプルの風景を見ながら、コンチネンタルとインドのフュージョン料理をいただけます。
予約が望ましいので、あらかじめ予約をしておきましょう。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceのスパプール
photo by kiwicollection.com

ホテル内には、もちろんスパもあります。
アロマテラピーやアーユルヴェーダなどのインドらしい施術はもちろんのこと、様々なセラピーを行っています。
ヨガも行っていますので、是非参加をしてみてください。

 

ウメイド・バワン・パレスのトリートメント室
photo by mirusjourneys.com 

スパのトリートメント室です。
マッサージ、ボディー トリートメント、フェイシャル トリートメントを受けられるスパで贅沢な時間をお過ごしください。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceの屋外プール
photo by kiwicollectioncom

このホテルには、屋外プールもついています。
プールからは、暮れなずむ広大なインドの大地を見ることができます。

 

スポーツ施設
photo by www.expedia.co.jp 

ホテル内にはフィットネス、ビリヤード、乗馬、テニスコート、スカッシュコート、卓球などが完備されています。
マハラジャの優雅なライフスタイルと歴史を知ることのできる敷地内のプライベートミュージアムを訪ねたり、庭園内やパヴィリオン、プールサイドなど好きな場所で、生演奏を聞きながらアフタヌーンティーやプライベートダイニングを楽しんだりすることもでき、宮殿ホテルの王道的な過ごし方を全て体験することができることでしょう。

 

ウメイド・バワン・パレスの博物館
photo by 4.bp.blogspot.com 

ホテルの中にはプライベートミュージアムもあります。
ウメイドバワン宮殿のミニチュア模型を始め、マハラジャ一族の肖像写真の数々、置き時計などのコレクション、端から端まで収まりきらないほど何台もの所有する飛行機の写真パネルなどがあります。
マハラジャゆかりの品々を眺めながら、彼らの歴史やゴージャスな生活を学ぶことができます。

 

メヘラーンガル砦
photo by retrip.jp

ホテルから5キロほどのところに観光名所であるメヘラーンガル砦があります。
空に浮かぶようにそびえるメヘラーンガル砦。
ジョードプルを見下ろす高さ130mの岩山に建つ砦です。岩山の上に、36mもの城壁が築かれています。
インドでは規模・美しさで国中に知られています。
特にサンセットはとても美しいそうです。
ジョードプルの青い街並みが一望できる景色は素晴らしく、博物館として公開されている内部の見学も人気です。
日本語でかなり詳細に歴史や見どころについて説明してくれる音声ガイド(有料)を入口で貸してくれます。

 

ジャスワント・タダ
photo by bharatdiscovery.org 

メヘラーンガル砦から歩いて15分ほどのところに「ジャスワント・タダ」があります。
ジャスワント・スィン2世を偲び、白亜の墓廟が1899年に建てられました。
外観は大理石で美しく、周囲には親族の廟も並んでいます。
彫刻が全面に施されていてとても綺麗です。

 

時計塔
photo by retrip.jp 

旧市街、サダル・バザール界隈の散策も楽しいでしょう。
活気に満ちたこの旧市街はカラフルなサリーに身を包んだ人々、洋服やアクセサリーを売る露店、たくさんのオートリキシャでごった返す賑やかさです。
町の中心に位置している時計塔は観光名所のひとつです。
夜には綺麗にライトアップされるようです。

 

ウメイド・バワン・パレス Umaid Bhawan Palaceの夜の風景
photo by kiwicollection.com

ジョードプルでマハラジャ気分で優雅な滞在を送ることができる「ウメイド・バワン・パレス」。ぜひジョードプルに滞在の際は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ウメイド・バワン・パレスの宿泊予約・口コミ情報をチェック!

 


 
この記事についたキーワード