• 旅行ハック
    格安航空サービス「LCC」って何だろう?
  • 旅行ハック
    海外旅行に必須!日本の「パスポート(旅券)」について
  • 旅行ハック
    いまさら人に聞きにくい!海外旅行に必要な「ビザ(査証)」について
  • 海外の病院 旅行ハック
    海外旅行で病気になった場合どうする?プロのツアーガイドによるまとめ
  • 旅行ハック
    海外旅行で助ける日本の「大使館・総領事館」について
  • 国内
    ザ・リッツカールトン日光が2020年5月22日(金)にオープン!
美しきスリランカの南端に建つ平和なビーチリゾート「アマンウェラ」

アマンウェラ Amanwella

外観
photo by amanresorts.com

インド洋の一粒の宝石、スリランカ。アマンウェラは、スリランカの南端タンガッラ、三日月形のビーチ前に広がるココナッツ林の中に位置するアマンリゾート。

 
エントランス
photo by amanresorts.com

アマンウェラはサンスクリット語のアマン「平和」と、シンハラ語のウェラ「ビーチ」という言葉に由来しており、その名のとおりインド洋を望む美しい白砂の海岸に建つアマンウェラに相応しく感じられます。
敷地は自由奔放に生えたヤシの林が縁どるビーチが中心に位置し、それを囲うように左手にメイン棟、ビーチに沿って小高い丘にヴィラが点在しています。また、夜になるとエントランスがライトアップされ、とてもいい雰囲気になります。

 
レセプション
photo by amanresorts.com

レセプションもスリランカらしい雰囲気をまといながらモダンな空気を醸し出していて、アマンウェラらしさが伝わってきます。細やかなスタッフの心配りも居心地いいです。

 
通路
photo by amanresorts.com

手入れの整った通路も非常に美しいです。砂利を敷き詰めたエントランスをくぐり抜けると、一直線に続く廊下を歩いて進みます。

 
客室
photo by amanresorts.com

全30室あるヴィラは眺めと位置によって、オーシャンプール・スイートとプールスイートの2タイプあります。オーシャンプールスイートは丘のふもとに位置し、海とビーチの眺めが最高です。プールスイートは丘の上の方に位置し、客室によりビーチやヤシの木などの眺めも様々です。スリランカの集落をイメージしたヴィラで、昔ながらの民家の屋根瓦や石材など、ローカルの建材を使いつつ、モダンなデザインになっています。客室内は2タイプとも同じで、広々としたベッドルームは、テラコッタタイルのフロアで、 天上は高く、開放感溢れる客室で心の底からリラックスできます。。

 
テラス
photo by amanresorts.com

リビングルームにはダイニングテーブルと椅子、書斎デスク、デイベッドが備えられています。デイベッドはゆったりとした大型サイズなので、心地いい風を感じながらお昼寝するのにピッタリです。
ビーチサイドにはテラスもあります。部屋の両側にスライド式の窓ガラスの扉があり、潮風が吹き抜けるつくりになっています。テラスで優しい風を感じながら過ごすととても気持ちいいです。どことなく海辺の一軒家のような、なごめる空間です。

 
プライベートプール
photo by amanresorts.com

もちろんプライベートプールも完備していて、小さな子供連れには特に嬉しく思います。部屋に入る手前にプールと中庭があります。専用の中庭にはサンラウンジャーと屋外ダイニングエリアがあります。オーシャンビューのプール・スイートにお泊りいただくと、専用通路を通って直接ビーチまで出ることができます。
客室には、エアコン、電話、ヘアドライヤー、室内金庫、ミニバーが備えられています。

 
バスルーム
photo by tripadvisor.jp

バスルームはオープンコンセプトになっています。バスタブとシャワー、ダブル洗面台が付いており、解放的な空間でゆったりバスタイムを満喫していただけます。

 
スパ
photo by amanresorts.com

ヤシの木の囲まれたスパでは、ボディマッサージや美容トリートメントなどのリラックスできるメニューを用意しています。ヒーリング・マッサージ、伝統的なテラピー、フェイシャル、ハーブや花などスリランカの天然成分を使ったボディトリートメントをうけることができます。トリートメントはスパか客室、ガーデン内のお好きな場所を選んで受けることができるので、ぜひリラックス出来る場所で体験してみることもおすすめです。

 
ビーチ
photo by amanresorts.com

やはりなんといっても、アマンウェラを訪れたからにはビーチを満喫しない手はありません。800m続く白砂のビーチではボディボードが楽しめますが、車で少し走ったところにはサーフィンのポイントもあります。クーラーボックスに冷えた飲み物、たっぷりのバスタオルにランチボックス付きという贅沢なサーフィンのツアーもあります。またウダ・ワラウェ国立公園やウェラ・ワツワラ・ヴィレッジでの野生動物観察や、12月〜4月の間はホエールウォッチングも必見です。

 
メインプール
photo by amanresorts.com

こんなビーチへの絶好のロケーションにあるアマンウェラですが、プールも47M×14Mという大きさを誇ります。インフィニティエッジなので、とても眺めがいいです。夕刻にはうつりゆく夕焼けの景色がとても素晴らしく、日常を忘れさせてくれるでしょう。プールサイドにはシャワー付きのプライベートのサンラウンジも利用することができます。また、軽食やスナック、ドリンクのサービスもあり、デッキチェアからはプールの先にヤシ林、そしてビーチへとドラマティックに眺めが広がりますので、景色を眺めながらの日光浴もいいでしょう。

 
レストランのテラス
photo by amanresorts.com

リゾートの南側、海抜8mのところにレストランがあります。ガラス張りのAmanwellaレストランでは、自家製の食材を使った美味しいスリランカ料理やインド洋でとれるシーフードなどを提供しています。上質なワインも楽しめます。レストランの屋外テラス席からの眺めは最高です。夜はプライベートディナーを楽しむこともできます。

 
ビーチクラブ
photo by amanresorts.com

せっかくなのでもっとビーチに近づいた、ワイルドな風景を味わえるビーチクラブからの眺めも捨てがたいですね。開放的な空間を楽しむことができるでしょう。

 
サファリ
photo by 4travel.jp

ホテルから北東へ片道車で1.5時間のところに、ウダ・ワラウェ国立公園があります。
3万ヘクタールにも及ぶ広大なサファリに450頭の野生の象が生息しています。他にもジャッカル、バッファロー、ワニ、鹿、猿なども見ることができます。バードウォッチングにも最適です。象を至近距離でみることが出来るサファリをぜひ味わってみてください。

 
ホエールウォッチング
photo by veltra.com

12月から4月の間は、スリランカ沖でのシロナガスクジラのホエール・ウォッチングに最適なシーズンです。海が深くクジラの通り道になっているので、シーズンにはシロナガスクジラやマッコウクジラ、ハシナガイルカなど、普段なかなか出会うことができない海の生き物達が多くの群れを作って、近海を通ります。ハシナガイルカは宙返りジャンプをして、観光客を楽しませてくれたりもします。
シーズンに訪れた際には参加するのもおすすめです。

 

スリランカの最高級アマンリゾート「アマンウェラ」

ビーチクラブ
photo by amanresorts.com

2015年より大手町にアマン東京をオープンさせることでも注目が集まる世界屈指のリゾートグループであるアマンリゾーツ。ぜひいつの日か訪れたいスリランカの最高級アマンリゾートです。
サービス・施設:ルームサービス
        ランチボックス
        レンタカー
        外貨両替
        ツアーデスク
        荷物預かり
        コンシェルジュサービス
        ベビーシッターサービス/託児サービス
        ランドリー/ドライクリーニング
        アイロンサービス/靴磨き
        理容室/美容室
        図書室
        ギフトショップ
        ブライダルスイート

 

アマンウェラの口コミ情報をチェック!

 

関連キーワード
アジアの関連記事
  • 現地日本人ガイドがおすすめする「マカオ旅行」に最適な服装・持ち物まとめ
  • マカオの夜景
    マカオ旅行前に知っておこう!マカオと日本の物価比較
  • 聖ポール天主堂跡
    現地日本人ツアーガイドが選ぶ「マカオ」のベスト観光スポット3選
  • マカオで叶える憧れの新婚旅行4泊5日
  • 飲茶
    カジノだけじゃない!無料やお得がいっぱい、大学生でもいけるマカオ節約旅行のすすめ
  • パリジャン
    多彩な観光地と美食の街「マカオ」観光はじめての方向けおすすめポイント
おすすめの記事